2017年01月05日

昨年末に行ったこと

 昨年末12/30仕事から帰宅し、重い腰を上げてAPS-3LE2012のシアー交換を実施しました。

 シアー交換できる状態までLE2012を分解します。

 シアーとストライカーの交換なのでバレル部は分解しません。

 写真左が使用済み、右が使用前のシアーA、Bとストライカー。

 見た目で摩耗度合いを判断するのは難しい。シアーCはダメージがないと判断し交換しません。

 シアーA、Bとストライカーを交換したLE2012です。

 空撃ちした印象では、APS-3ORに近いトリガータッチになりました。

 以上のパーツ交換で、新年の自宅練習は昨年より良くなることを願います。




同じカテゴリー(メンテナンス)の記事画像
APS-3LE2013シアー交換
APS-3LE2013チャンバーパッキン確認
APS-3LE2013クリアマガジン修復
type96 2号機チャンバーパッキン交換
APS-3トリガーガードをネジロック
APS-1GM 7号機 2度目のチャンバーパッキン交換
同じカテゴリー(メンテナンス)の記事
 APS-3LE2013シアー交換 (2015-05-23 00:12)
 APS-3LE2013チャンバーパッキン確認 (2014-01-27 00:12)
 APS-3LE2013クリアマガジン修復 (2014-01-26 00:11)
 type96 2号機チャンバーパッキン交換 (2012-06-24 00:11)
 APS-3トリガーガードをネジロック (2012-03-05 00:10)
 APS-1GM 7号機 2度目のチャンバーパッキン交換 (2012-01-15 00:20)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。