2018年01月15日

APS-3LE2011とLE2015のフレームを元に戻す

 LE2015フレームの不具合が判明したのでプランBに従いLE2011とLE2015のシリンダーとフレームの関係をそれぞれ元に戻します。

 シリンダーとフレームの連結が解けるまで分解。

 フレーム部を入れ換えます。ちなみにフレームとサイドカバーの関係を入れ換えたら微妙な違いがあるのかフィッティングが悪かったので、フレームとサイドカバーはペアとしました。

 LE2015フレームの破損したチャンバーブロックはスぺパーツと交換。

 しかし、チャンバーブロック下部のコネクトOリングのスペアはありません。

 コネクトOリングは入れ換えました。

 組み立てが完了したLE2011とLE2015です。

 HYBRID状態は解消してもこれまで通りLE2011は試合や練習会用で、LE2015が自宅練習用なのは変えません。

 写真を撮り忘れていましたが、LE2011フレームはストライカー下側にシアーAが浅く掛かっていたことを確認しています。LE2015フレームのストライカーとシアーAが深く掛かっていたのは暴発対策によるものでしょうか。




同じカテゴリー(メンテナンス)の記事画像
APS-3LE2011-15HYBRIDストライカー交換(2017/11/04)
APS-3LE2015バルブメンテナンス
APS-3LE2015シリンダーメンテナンス
昨年末に行ったこと
APS-3LE2013シアー交換
APS-3LE2013チャンバーパッキン確認
同じカテゴリー(メンテナンス)の記事
 APS-3LE2011-15HYBRIDストライカー交換(2017/11/04) (2017-11-07 00:12)
 APS-3LE2015バルブメンテナンス (2017-09-27 00:12)
 APS-3LE2015シリンダーメンテナンス (2017-09-26 00:11)
 昨年末に行ったこと (2017-01-05 00:10)
 APS-3LE2013シアー交換 (2015-05-23 00:12)
 APS-3LE2013チャンバーパッキン確認 (2014-01-27 00:12)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。