2017年03月10日

MJマガジン3月号


 フロンティアで購入したMJマガジン3月号です。

 エアガン・レポートでは、懐かしの名銃としてMGC S&W M459が取り上げられています。

 固定スライドガスガンは懐かしい。過去MGCのS&W M645を所有していたことがありました。

 第4回と第5回の「MJマガジン編集部”僕たちチャレンジャー!”」

 縄跳び連続1000回チャレンジと24時間耐久自転車走300㎞です。

 ショップ紹介はGunsmith BATON ドンキ八王子 本店です。

 個人的には秋葉原の店舗にも行かなかったので八王子の方も行く機会はないでしょう。

 JASGの告知

 3/12(日)の京都APS公式練習会ハンドガンクラスと4/2(日)のすみだAPS公式記録会ハンドガンクラスの告知です。すみだ公式はエントリー受付中ですが残念ながら私は欠場の見込み。

 YUKOのアメリカ日記

 3月号で2番目に良かった記事です。アメリカ人と日本人の国民性の違いを実感します。

 「一粒の砂 Ichiro 永田 伝」

 永田市郎さんがフォトグラファーになるに至る過程の話でした。今のMJマガジンではこの連載が1番好きな記事ですね。

 モデルガン記事もありましたがプロローグ的な内容でした。本質的な記事は次号以降になるのでしょう。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)その他

2017年03月05日

雑誌「コンバットマガジン4月号」


 コンバットマガジン4月号を最寄り駅近くの書店で購入しました。

 特集は「SHOT SHOW 2017」

 SIG P320が米陸軍の次期制式拳銃に決定からの記事です。紹介されている銃の中からトイガン化されるものはあるのでしょうか。

 「サバゲ三等兵APS部」

 2/11のAPS公式記録会ハンドガンクラスに挑戦した三等兵+ぴっちょりーな☆さんの参戦記になっています。

 「突撃!!ぴっちょりーな☆」

 新連載の第1回は3/25~26に新宿中央公園で行われる「東京アウトサイドフェスティバル2017」にぴっちょりーな☆さんのお店を出すので販売アイテムをGetするでした。

 「射撃のススメ」

 APSの自宅練習用ターゲット制作法と練習法が紹介されています。

 新連載「DJちゅうの妄想雑記ノート」

 イラスト中心のコラムのようです。第一回はイラク軍特殊部隊の装備が取り上げられていました。

 第五回の「アラフォーズ!」

 お題は「駄菓子屋」。駄菓子屋といえば紐を引くクジとかを思い出します。

 「編集長日誌」

 「ロングシュートと魔肖」という一見では意味が判らないタイトルです。本文を読めば意味が判ります。

 マルゼンの広告

 販売されたAPS-3LE2017ですが、この号の広告を見る前に生産数の大半が売れてしまっていると思われるので複雑な気持ちになります。

 今号は特集より、ここで紹介していないものを含め連載記事が良かったと感じました。次号の特集は「モデルガン・ジャンキーズ」と予告されています。その布石なのか、この号のリトルアーモリーのページにタニコバさんが登場していました。気になりますね。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)その他

2017年03月01日

3月の予定



今月の参加予定

 3/6(月)・3/10(金)フロンティアAPS平日無料練習会(フロンティアビル2F特設レンジ)

 3/12(日)フロンティアAPS試合形式練習会(フロンティアビル2F特設レンジ)
                    or
       富士見スポーツシューターズAPS練習会(南畑ふれあいセンター 多目的ホール)

 3/12(日)は京都APS公式練習会もありますが、LE2017を購入したことで京都まで遠征する余裕がなく今年も不参加です。同じ日に各地でAPS練習会が開催されます。試合形式練習会と富士見APS練習会も重なっていて、どちらかに参加しようと思っていますが現時点では決めかねています。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2017年02月01日

2月の予定



今月の参加予定

 2/11(土)APS公式記録会ハンドガンクラス(すみだ産業会館サンライズホールC)

 2/26(日)富士見スポーツシューターズAPS練習会(水谷東公民館 多目的ホール)

 2/6(月)・2/20(月)フロンティアAPS平日無料練習会(フロンティアビル2F特設レンジ)

 先月は富士見スポーツシューターズAPS練習会を欠場したので今月は参加したいものです。2/3(金)のフロンティアAPS平日無料練習会も余裕があれば早い時間帯に参加するかもしれません。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2017年01月31日

雑誌「コンバットマガジン3月号」


 コンバットマガジン3月号を近くの書店で購入しました。

 特集は「サブマシンガンというスタイル」

 サバイバルゲームをやらない私はSMGのエアガンを所有していませんが、ライフルよりは好きな銃の分野です。特にスコーピオンは新旧どちらも魅力的に映ります。

 トイガンニュースでAPS-3LE2017が取り上げられています。

 まだプロトタイプで量産品ではないので刻印的なものがどうなるのかは不明です。

 「サバゲ三等兵APS部」はオープンサイト卒業、あらたなる旅立ちの日。

 広報オリモト氏がオープンサイトを卒業しダットサイト使用のフリーサイト部門に移行した話です。それよりも、ぴっちょりーな☆さんのAPS再始動が気になります。

 第四回の「アラフォーズ!」お題は「俺とペレストロイカ」。

 今までと違ったテーマでライター陣の執筆内容も色々です。

 新連載「突撃!!ぴっちょりーな☆」

 戦え!!ぴっちょりーな☆さんの新連載がコンバットマガジンで開始されました。アポなし取材を敢行する企画のようです。

 「射撃のススメ」

 自宅でできる空撃ち練習方法が紹介されています。重要なポイントもあり、これからスピードシューティングをする方には役立つ内容でしょう。

 「編集長日誌」は、シュウマイ弁当と連載

 先月号と違い充実した内容で良かったです。

 マルゼンの広告

 残念ながら先月号と同じで発売日・価格は未定のままでした。

 新たな連載も楽しみなコンバットマガジンです。次号の特集は「SHOT SHOW 2017」でどんな切り口になるか気になります。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)その他

2017年01月04日

MJマガジン1月号


 2017年元日に購入したMJマガジン1月号です。

 JASGの告知

 2017年最初の2/11のAPS公式記録会ハンドガンクラス開催案内でした。

 第2回の「MJマガジン編集部”僕たちチャレンジャー!”」

 前回とは打って変わって本格的チャレンジ企画です。

 今のMJマガジンで最も読みたい連載はこれです。

 「一粒の砂 Ichiro 永田 伝」。「ビアンキカップへの道」も好きだったので、この連載は楽しみなものになっています。

 今月の数少ないモデルガン記事。

 マルゴー閉店のことが書かれていました。モデルガンマニアでない私はマルゴーに1回位しか行ったことがありませんが、老舗が消えるのは残念なものです。

 その他、サバイバルゲイムフィールド紹介やシューティング記事、東京マルイ・フェスティバルの記事等もあります。もしMJマガジンがページ数を増やして1000円前後になったら購入することはないでしょうが、現行の500円程度を継続してくれると今後も毎号購入するでしょう。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)その他

2017年01月02日

1月の予定



今月の参加予定

 1/1(日)の元旦は、赤羽フロンティアの新年スペシャルイベントへ行きました

 1/29(日)富士見スポーツシューターズAPS練習会(南畑ふれあいプラザ多目的ホール)

 1/13(金)・1/23(月)辺りにフロンティアAPS平日無料練習会(フロンティアビル2F特設レンジ)

 1/9(月)は休みなので気力があったら何かのイベントに出かけるかもしれません。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)その他

2017年01月01日

あけまして2017

 2017年の年明けを迎えました。あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 2017年のトップ画像は今年10周年を迎えるAPS公式認定銃のAPS-3OR

 トップ画像(2016版→2017版)

 オールブラックになるように画像処理した結果、F-1のマクラーレン・ホンダMP4-31のようなイメージになりました。昨年のモノクロ化したLE2015より精悍な印象で、オールブラックのAPS-3があってもいいなと感じます。

 今年の8月で、このブログも開始から10年に到達します。単一のブログとしてミリタリーブログの中でも永く続いている方でしょう。今後もAPS練習記録を中心に細々と記事を続けていきたいものです。  

Posted by MAGI at 00:00Comments(0)その他

2016年12月31日

2016年を振り返る

 2016年は主としてWindowsタブレットで記事作成を行いブログの毎日更新を達成できました。2016年最後の記事で今年を振り返ります。

1月

 赤羽フロンティアの正月恒例ガレージくじです。2016年中にビルができてガレージは無くなりました。2017年の正月くじは如何に? そして3年連続で正月にタブレットを購入。このタブレットは日々のブログ記事作成に役立っています。


2月

 2016年最初のAPS公式記録会は相変わらずシルエットは良くなかったものの、それ以上にブルズアイがダメだったことが印象に残っています。


3月
 APS-3LE2015を使ってフロンティアシューティングクラブマッチや試合形式練習会へ参加していましたが160~170点程度で、APS-3ORを使っている現在と有意差はありません。個人的に思っている銃の違いが点数に与える影響は小さいと感じることを実感します。


4月

 APS-3LE2015のウッドグリップで悩んでいました。カスタムガンを使わない選択をした今はパーツの選定で悩むことはありません。


5月

 第26期公式の中で最も良い結果がこの月の174-4Xです。やはりシルエットが26点に留まったことでバッジ更新は叶いません。ハンドガンライフルの模索を本格化した月でもありました。


6月

 相変わらずグリップに悩んでいたAPS-3LE2015に新品の一部加工グリップを装着して挑んだ本大会前最後の公式でしたが、ブルズアイで0点が出る有様でした。この0点がなくても、いつものようにシルエットが26点の段階でバッジ更新は無理でした。ハンドガンライフルは金具を拡張し肩付け可能なストックに進化しています。


7月

 いよいよ迎えた第26回APSカップ東京本大会。ライフルクラスはAPS-3LE2011からAPS-1GMベースに変えて挑みましたが、結果は何とか3桁の点数をキープしただけと散々なものでした。ハンドガンクラスは、それまでの公式で問題があったシルエットやブルズアイではなくプレートが揮わない予想外の結果に終わります。


8月

 第27期のAPSカップに向けてAPS-3ORを購入。完全ノーマル主義に徹し、セッティング以外変更しない方針です。それと今年の3大映画のうち「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の2つを観た月でもありました。


9月

 握力と手首に強化に向けたトレーニングを開始しました。特にパワーボールにはハマり、この後に次々と試すことになります。


10月


 精密射撃セミナーに参加し、色々と得るものがあった。第27期最初の公式でもシルエットの悪さは変わらず。APS-3LE2017が企画中と発表があった。続々とパワーボールを購入し試していました。


11月


 気兼ねなく自宅練習するためにAPS-3ORからAPS-3LE2012への移行を進め、縮小ブルズアイ用のターゲットもやっとプチ見直しを実施。新たにスタートしたフォリッジグリーンときがわでのAPS練習会へ参加。そして個人的に今年一番の映画だと感じている「この世界の片隅に」を観ています。パワーボールも光るモノ、最安のモノを入手。


12月

 自宅練習の縮小シルエット練習を再開し、問題のあった縮小シルエットターゲットの更新を行いました。しかし、旧タイプのターゲットを思いのほか多く作っていたので更新版を使うのはしばらく先になります。12/10に精密射撃情報部主催の忘年会、12/23に富士見スポーツシューターズの年忘れ射撃会と忘年会は楽しいイベントでした。コンバットマガジン2月号の広告でAPS-3LE2017の仕様が発表されています。

 1年を振り返ると、やはりバッジ更新にはシルエット対策が必要だと痛感しました。射撃メガネ(アイリスシャッター)を使用することが有効なことは判っていますが、私の主義に反するので使う気はありません。果たして来年それ以外の方法で克服できるでしょうか。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)その他

2016年12月29日

雑誌「コンバットマガジン2月号」


 コンバットマガジン2月号を赤羽フロンティアで購入しました。

 特集は1911です。

 40ページ程の記事以外にも1911が各連載で取り上げられていますが、物足りなさを感じました。1911で1冊の本を作って欲しい。

 「サバゲ三等兵APS部」はフロンティアで行われたAPS試合形式練習会の参戦記です。

 今月は少々面白味に欠ける内容だったような。

 第3回の「アラフォーズ!」。

 お題は「俺とガンダム」で3ページの記事になっていました。私はファースト・ガンダムを見てから長い空白がありターンAガンダム辺りから再び見るようになった変わったガンダム歴でガンプラを作ったことはありません。

 「編集長日誌」は別冊「東京マルイ大全」の紹介のみ。

 記事を書く余裕がなかったのでしょうか。

 マルゼンの広告。

 期待のAPS-3LE2017の仕様が公開されています。発売時期と価格は未定ですが、色・形・内容的にバランスが取れたリミテッドエディションだと感じます。シルバーのシリンダーには、まだ文字が描かれていませんが何色でどんな文言が刻まれるのか早く知りたいものです。

 世界のTK記事で「アームズマガジンファンフェスタ2016」。

 今回TKさんの射撃のススメはなく、ライバル誌主催のイベント記事を書かれていました。

 今号は年末進行と別冊進行が影響しているのか何か消化不良的に感じました。次号は「SMG ―サブマシンガンというスタイル―」が特集です。購入は内容次第で考えることにします。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2016年12月23日

2016富士見スポーツシューターズ年忘れ射撃会用トライアル

 昨年の富士見スポーツシューターズAPS練習会の射撃会では、「番外編 自宅練習APS縮小プレート(2015/12/19)」という記事にあるようにAPS公式認定銃前のAPS競技銃3種のトライアルを行いました。今年の射撃会に向けては東京マルイのエアコッキング・ハンドガン4種でのトライアルです。



 次のような条件で撃ちました。
1.ターゲットは縮小シルエットターゲットの8m・7m・6m用で4.2mから撃つ
2.BB弾は東京マルイのパーフェクトヒット0.2g弾で5発
3.ダブルハンドでフロントサイト上にターゲット下辺を乗せる6時照準

 GLOCK 17(18歳以上HOPあり)

 唯一HOPありのGLOCK17です。6時照準で問題なさそうですが、トリガーがどこで切れるのか判り難く着弾が散りました。

 CLOCK 17L(18歳以上HOPなし)

 HOPなしのGLOCK17Lでは、狙点より5㎝以上下に着弾しました。GLOCK17同様トリガーの印象は良くありません。

 SOCOM Mk23(18歳以上HOPなし)

 Mk23はHOPなしですが、照準通りに着弾しました。GLOCKに較べるとトリガーの切れは良くコントロールし易い印象です。

 S&W PC356(18歳以上HOPなし)

 HOPのないPC356はGLOCK17L同様に下側着弾になりました。トリガーの切れはMk23に劣らず、グリップは非常に握り易くフィット感は最も良い印象です。

 以上の結果から最も集弾性が良く、4.2mではサイト通りに着弾したSOCOM Mk23を2016年の富士見スポーツシューターズ忘れ射撃会で使います。それよりも体調がどれだけ回復しているのかが問題です。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)その他

2016年12月12日

パワーボール その8

 7個目と同時に8個目のパワーボールも購入していました。

 「RPM Sports NSD パワーボール Pico」という小型でキッズ向けのパワーボールです。

 価格は税込み2480円でした。

 透明な樹脂ケースに入っていたもの。

 パワーボール本体と紙の取扱説明書ではなく説明動画が入っていると思われる8㎝CD、紐が2本です。

 滑り止めゴムにはpicoのロゴ。

 それと何かのキャラクターの絵が描かれています。

 上部にはpicoロゴと猫のキャラクターぽい図形が。

 RPM Sportsが商標を持つPOWERBALLの名称も記されています。

 ローターは白色です。

 ローターは左右が非対称な形状になっています。

 アルインコ リストローラーボールとのサイズ比較。

 パワーボールPicoの方が一回り以上小さいです。

 LED内蔵で光るタイプになっています。

 緑や青の輝きが見られました。

 パワーボール その6 で紹介したパワーライティングボールと同じLEDが光るタイプなためか、起動させるのが難しいと感じます。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)その他

2016年12月03日

コンバットマガジン1月号


 コンバットマガジン1月号です。

 特集は全国ミリタリーショップ大図鑑。

 昔のショップの思い出と現在の各地ショップに行った記事を軸に主だったショップが紹介されています。

 「サバゲ三等兵APS部」はダットサイトを試す内容です。

 老眼真っ只中な私は頑としてオープンサイトに拘り苦労していますが、無理しないでダットサイトを使うのもアリだと思わせる記事になっています。

 射撃のススメは遂に「トイガンのメンテナンスLEVEL.3」です。

 パーツを無くさない方法や正確な組み立てをする重要性などが記されています。

 第2回の「アラフォーズ!」。

 お題は「タミヤ」です。私はミニ四駆やRCカーを体験していませんが、TV等では見ていたので懐かしい。

 「編集長日誌」はコンセプトとさじ加減。

 昨今、実店舗を永続させるのは大変であるが、それを成し得ているショップは素直に素晴らしいと思う。

 次号は1911特集ということで、また購入することになるでしょう。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)その他

2016年12月01日

12月の予定



今月の参加予定
 3(土)ひたすらシルエット&ブルズアイ(フロンティアビル2F特設レンジ)

 3(土)赤羽フロンティアシューティングクラブAPSクラブマッチ(フロンティアビル2F特設レンジ)

 10(土)忘年会2016(精密射撃情報部)

 12(月)フロンティアAPS平日無料練習会(フロンティアビル2F特設レンジ)

 23(金)富士見スポーツシューターズAPS練習会&忘年会(ふじみ野交流センター)

 12月は久々にひたすらシルエット&ブルズアイに参加できます。その後のクラブマッチにも継続参加です。10(土)の忘年会は昨年同様休みではないので仕事終わりに少し遅れて直行します  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2016年11月21日

パワーボール その7

 7個目として最も安価だったパワーボールを購入しました。

 「アルインコ リストローラーボールEXG201A」というもの。

 アマゾンでの最安値は500円台でしたが、少々価格が上がった697円で購入しました。現在は1000円以上の通常価格に戻っているようです。

 内容物

 パワーボール本体と説明書、紐です。

 滑り止めのゴムにあるロゴの向きが今までのものとは逆になっていました。

 ローターが露出している面を上にすれば文字が読めます。

 上部に蓋のようなものはなく一体型です。

 名称とシリアルNo.が印刷されたシールが貼ってあります。

 ローターはポピュラーな黄色でした。

 形状は パワーボール その4 で紹介したNSD SPINNER PB-688とほぼ同じ左右対称型です。

 NSD SPINNERの3分の1の価格でしたが、同じ程度に回し易いパワーボールだと感じました。静かさという点ではNSD SPINNERに及びませんが、格安パワーボールの中では不快な微振動も少なく良質なものだと思います。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2016年11月14日

パワーボール その6

 第6のパワーボールです。

 通販ではなくビーンズ赤羽というSPORT AUTHORITYの店舗で購入した「パワーライティングボール」というもの。

 価格は税込1499円。

 内容物はパワーボール本体と説明書、紐です。

 例によって紐は使いません。

 イボイボが付いたゴムが巻かれています。

 色はオレンジ。

 上部に蓋のようなものは無し。

 一体型のシンプルな形です。

 ローターはよくある黄色でした。

 左右非対称形状になっています。

 このパワーボールの特徴は、回転させると内部のLEDが光ることにあります。

 左は赤く光る様子で、右は判り難いですがローラーの反対側が青く光る様子。

 しかし、このパワーボールはローターの回転を上げるのが難しく簡単には起動できません。初めてパワーボールを使う方には勧められないと感じました。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)その他

2016年11月06日

MJマガジン11月号


 MJマガジン11月号も購入しました。

 JASGの告知

 2017年4月までのAPS公式予定が載っています。

 新しい記事その1

 第1回は「エアガン射撃でおもしろい的は何か?」という企画です。スナック菓子を的にするものですが、完全な屋外射撃向きでMJマガジンらしい内容でした。

 新しい記事その2

 「一粒の砂 Ichiro永田 伝」という興味深い連載が始まりました。

 3月号で紹介されていた東京中野のMGTSでしたが...。

 閉店してしまいます。閉店が4ページもの記事になるのは異例のことだと思いますが、貴重なショップが消えるのは残念。MGTSがJASGサポーター店舗だったのは意外です。

 新連載には今後も期待ということで次号も楽しみなMJマガジンでした。  

Posted by MAGI at 00:20Comments(0)その他

2016年11月05日

コンバットマガジン12月号


 コンバットマガジン12月号です。

 特集はDive Into The World Of Camouflage(カモフラ大全)

 迷彩についてでした。個人的に興味があるのは光学迷彩だけでしたが、迷彩の歴史の一端を知ることができたのは良かったです。

 「サバゲ三等兵APS部」は2名でのシーズン初稽古。

 千葉隊長のプレート満射が素晴らしい。

 射撃のススメは「トイガンのメンテナンスLEVEL.2」

 ガスブローバックガンのブリーチ部メンテナンスです。

 新連載記事の「アラフォーズ!」

 メンバーの似顔絵がいい雰囲気を醸し出しています。

 マルゼンの広告

 再販モノだけでなくAPS-3LE2017もしっかり誌面に載ってました。

 「編集長日誌」はJAHと品格。

 JAHが何であるか知りませんが、このコラムは好きです。

 1、2ページのモノクロページの記事が何気に良い感じでした。次号の特集は「ミリタリーショップに入り浸り!」とのことです。  

Posted by MAGI at 00:39Comments(0)その他

2016年11月01日

11月の予定



今月の参加予定
 6(日)富士見スポーツシューターズAPS練習会(鶴瀬西交流センター多目的ホール)

 14(月)・28(月)フロンティアAPS平日無料練習会(フロンティアビル2F特設レンジ)

 20(日)フォリッジグリーンAPS練習会(フォリッジグリーンときがわ)

 フォリッジグリーンAPS練習会には行こうと思っていますが、公共交通機関に頼らざるを得ないのでアクセス状況によっては初回参加のみになる可能性があります。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2016年10月24日

パワーボール その5

 4個目と同時に5個目のパワーボールも購入していました。

 アマゾンで「Zacro リストボール リストトレーナー 手首強化 トレーニング カバー付」という名称になっていたもの。

 価格は税込1299円。

 購入理由は、このケースの存在。

 パワーボールを入れる専用ケースを1299円で入手したということです。

 中にはパワーボールと説明書、紐・ストラップが入っていました。

 紐は使いません。

 FORCE BALLと書かれたゴムが巻かれています。

 色はブルーです。

 上部の蓋は半透明の脱着式。

 デジタルカウンター付の機種もあるのでしょう。

 ローターは黄色です。

 NSDスピナーと似ていますが、左右対称ではありません。

 NSDスピナーと並べてみました。

 内部は少々異なりますが、外観形状はほぼ同じになっています。

 ケースは「RPM Sport 350Hz Metal Pro Diablo」へ。

 キラキラなDiabloを保護するために使います。

 NSDスピナー程ではないものの意外と回し易いパワーボールです。しかし、騒音と微振動はそれなりにあり格安パワーボールの域を出るものではないと感じました。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)その他

2016年10月17日

パワーボール その4

 最近のマイブームであるパワーボール収集は続いています。

 4個目として「NSD SPINNER PB-688」というベーシックな機種を購入。

 アマゾンで税込2280円と格安パワーボール2個分程度の価格ですが、十分にその価値があるものでした。

 日本代理店の正式商品なので保証書が付属します。

 取扱説明書も日本語です。

 SPINNER本体と赤い紐です。このグリーンの他、アンバー、ブルー、クリスタルという色違いがあります。

 もちろん今回のも紐を使う気は一切ありません。

 ベーシックモデルなので上部にカウンター等はなし。

 黒い蓋があるだけです。

 黄色い樹脂ローターが採用されています。

 左右対称な形状になっていて、滑らかに回転する上質なフィーリングは一線を画す素晴らしさです。

 コストパフォーマンスという観点から初めてパワーボールを使う方に一番勧められる機種と言えます。1000円前後の格安パワーボールより簡単に起動が可能で音も静かです。また、現時点で所有するパワーボールの中で唯一片手起動に成功しています。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)その他

2016年10月14日

パワーボール その3

 3つ目のパワーボールを購入しました。

 これまでの2つは不透明なボディで中のボールの動きが見えないので透明ボディのパワーボールを追加です。

 ドンキホーテにあった中で一番重いLa-VIE POWER WRIST HEAVY 300gを購入。価格は税込み1782円。

 300gはプラ製のパワーボールとしては十分重いでしょう。

 円周部に滑り止めのゴム等はなく丸い突起があります。

 透明なケースはボリカーボネード製です。

 透明なのでローターの両側に軸があるのが見えました。

 この軸を中心にローターが回転する構造です。

 円周方向から見るとローターの内側に金属の重りが装着されています。

 この円周方向にもローターは回転する構造になっていて、その回転を継続させることをパワーボールの起動と称しています。

 「RPM Sports NSD パワーボール 350Hz Metal Pro Diablo」よりは軽いものの、それなりに重く効果は高そうです。しかし、騒音は比較的大きく長く回す気にはなりません。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)その他

2016年10月09日

我が闘争2016


 APS非公式サイト上でも参戦記本文は読めますが、より読み易い紙版の参戦記です。近年は一部の関係者を除き原稿執筆者限定で配布されています。

 前書き的なもの

 これと後書き的なものが読めるのは紙版の参戦記だけです。

 参戦記本文

 2016年版はゴシック体のフォントが採用され読み易くなっていました。

 資料として順位結果が掲載されていますが...。

 一部のタイトルが文字化けしてしているのが惜しいです。

 後書き的なもの

 勝手にドキュメンタリーという副題が付いています。

 参戦記本文はWeb上で公開されたものをスマホで読んだので改めては読んでいません。実際には前書き的なものを読んだだけで終わりました。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2016年10月08日

パワーボール その2

 負荷の大きなパワーボールを購入しました。

 「RPM Sports NSD パワーボール 350Hz Metal Pro Diablo」という名称になっていたものです。このシルバーのDiabloの他にゴールドの「RPM Sports NSD パワーボール 450Hz Metal Pro Diablo」という軽量で高回転型のDiabloも存在しています。

 45%OFFの7980円となっていたアマゾンで購入。重さ約357gで最大回転数18000rpm、最大27kg相当の負荷をかけることができるというスペックです。

 透明なディスプレイケースに入っています。

 赤い紐が2本付属しますが、紐は使いません。

 クロームメッキでシルバーに輝くメタリックなパワーボールです。

 ケースはステンレス鋼。

 上部にはデジタルカウンター。

 累計回転数表示モード、リアルタイム回転数表示モード、最高回転数表示モード、パワーアップ測定モード(30,60,90秒のタイムアタックストレングス計測)などの機能がありますが、ローター回転中しか表示できないので微妙な存在だと感じます。

 ローターも金属製です。

 重いローターなので回転数を上げるのに少々時間を要します。

 購入直後は紐なし起動に苦労し持ち方が悪かったのか指の皮が剥けるトラブルもありました。最近は5000rpm以下の無理のない回転数で右手・左手それぞれ1分程度と適度な負荷のトレーニングを行っています。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)その他

2016年10月07日

コンバットマガジン11月号


 遅れましたがコンバットマガジン11月号を購入しました。

 特集は「M4 NEXT GENERATION」。

 サバイバルゲームをしない、ライフルにあまり興味がない私には何も響かない特集ですが、多くの読者には楽しめる記事なのでしょう。

 そして第2特集は「シューターに学ぶ技と心」です。

 JSC、JANPS、UNLIMITED、APS各競技トップシューターへのインタビュー等とサバゲ三等兵APS部外伝、イチローGun団の真実、US Shooting Life特別編で構成されています。今現在シューティングをやっていない方に読んで欲しい記事です。

 サバゲ三等兵スピンオフ企画「精密射撃道入門」だったのが、サバゲ三等兵APS部とタイトルがいつの間にか変わっていました。もう一年続くようで良かったです。

 右側の「ザ・弾会」も楽しい記事です。サブタイトルが「サバゲ三等兵 精密射撃道入門!スペシャル!」で、ここでは精密射撃道入門が復活していました。

 射撃のススメは「射撃競技の魅力」。

 第2特集の連動企画のようですが、納得する内容です。

 「編集長日誌」も第2特集を受けた内容でした。

 シューティングは参加すれば面白さが判るけど、観るだけだと伝わり難い現実を変えることに希望が持てるような気がします。

 サバイバルゲームをやっている方、シューティングをやっている方、それ以上にどちらもやっていない方に読んで欲しいコンバットマガジン11月号でした。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)その他

2016年10月01日

10月の予定



今月の参加予定
 03(月)・17(月)フロンティアAPS平日無料練習会(フロンティアビル2F特設レンジ)

 08(土)精密射撃セミナー(すみだ産業会館ホールD)

 23(日)富士見スポーツシューターズAPS公式練習会(新座市民総合体育館)

 昨年の「APSセミナー」は参加できませんでしたが、今年の「精密射撃セミナー」は参加します。今月の公式は出場です。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2016年09月25日

パワーボール その1

 ハンドグリッパーによる握力トレーニングだけでは手首を鍛えることができないので、数年前に試したものの挫折したパワーボールによるトレーニングも最近始めました。

 数年前に購入したパワーボールは行方不明だったので、新宿のヴィクトリアでマグネットマッサージという税込1059円の安物パワーボールを購入。

 オールブラック仕様でボールの動きは下の穴からしか見えません。

 通常はボールに紐を巻き引っ張りボールを回転させますが、ネット動画で紐なし起動ができると知り、紐なし起動に挑戦しました。

 購入してから2~3日に1度5分程度紐なし起動に挑戦し続けたものの全く成功しません。1ヶ月程度経過し初めて紐なし起動に成功しました。

 1度紐なし起動に成功してから数日は1日1回だけは紐なし起動できるようになりますが、何度も試しての1回です。

 さらに数日経つと数回に1回は紐なし起動ができるようになりました。最近は、十中八九紐なし起動が可能になり、ストレスなくトレーニングが行えるようになっています。

 苦労して安物のパワーボールで紐なし起動ができるようになりましたが、もっと静かで負荷の大きい機種も導入することにしました。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(2)その他

2016年09月24日

ハンドグリッパー

 日課としてラジオ体操第一の中から体幹を鍛える運動3種類を行っていますが、その他に握力強化のためハンドグリッパー運動も時々行っています。何もしないと筋力が落ちると感じているので昔から馴染みのあるハンドグリッパーです。

 1年程度続けたのが100円ショップで購入した25kgとされるハンドグリッパー運動です。

 左手50回、右手50回を1セットとして3セットを2、3日に1回程度行ってきましたが、さすがに25kgだと負荷が軽すぎ効果がないと感じました。

 もっと重いものを探し購入したもの。

 65kgのものですが、重さよりもサイズが大きく私の手では扱うのが難しく使用を断念しています。

 適正サイズで50kg程度のものを探し購入したもの。

 50kgは左手には厳しい重さです。フィンガーチャンネルが両方に付いているので手のひら側が痛くなるのが難点ですが使えないことはないです。今はこれで握力のトレーニングを行っています。現状は左手30回、右手30回1セットのみで、今後少しづつ回数を増やして左右50回づつ1セットを2、3回程度行えるようにする予定です。

 指を鍛えるフィンガーグリップも購入しています。

 こちらはまだ使っていません。今後どう使うか考えます。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)その他

2016年09月09日

MJマガジン9月号


 MJマガジン9月号です。

 巻頭からの特集は第26回APSカップ東京本大会。

 32ページにも及ぶ特集で、ハンドガンクラスとライフルクラスを均等に14ページ割り振っています。

 APS特集の後にマルゼンの広告がありました。

 APS-3ORメインですが、下の方にAPS-1GMが近日再販予定と書かれています。再販がいつになるのか判りませんが、全く触れられていないライフルよりマシな状況だと思います。

 JASGの告知。

 先行したSATマガジンやJASGのWebページでも公開されましたが、第27回APSカップ東京本大会は来年7/15・7/16に開催予定との告知があります。

 アームズマガジンとガンプロフェッショナルの紹介。

 他誌の広告記事が載るのは珍しいものです。MJマガジン以外では考えられないことでしょう。

 APSカップ特集号なので満足度は高い9月号です。モデルガン自体に興味はなくてもモデルガン記事も意外と楽しんでいます。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)その他

2016年09月02日

コンバットマガジン10月号


 戦え!!ぴっちょりーな☆さんの表紙が目立つコンバットマガジン10月号を購入しました。

 特集は「サバゲ大好き!」。

 サバイバルゲームに関心がない私ですが、ヒストリーは興味深く読みました。

 今月のサバゲ三等兵スピンオフ企画「精密射撃道入門」はAPSカップ東京本大会。

 3人とも素晴らしい結果を出していました。

 射撃のススメもAPSカップ東京本大会の記事です。

 4ページに亘る本大会リポートになっています。

 Japan Steel Challenge 2016のリポートです。

 APSカップ東京本大会と同じ日程で、同じ建物の違うフロアで行われていました。

 次号の特集は「シューターたちの銃を手本にする!」と予告されています。面白そうな特集なので次号も購入するでしょう。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)その他