2014年01月27日

APS-3LE2013チャンバーパッキン確認

 1/18(土)の富士見スポーツシューターズAPS練習会ではAPS-3LE2013のフライヤーも発覚。これも私の個体特有なのかもしれませんが、チャンバーパッキン周りが怪しいので確認してました。

 APS-3LE2013のアウターバレル、インナーバレルを外しチャンバーパッキンを見てみると。

 写真の上部側にゴミの付着を確認しました。位置的に弾道に影響を与えるものではないと思いますがこのゴミ除去をします。

 チャンバーパッキンを外し状態を確認しましたが、最初に発見したゴミ以外に異常はありませんでした。

 軽くクリーニングして組み立てます。インナーバレル内にも特に汚れ等はありません。

 結局チャンバーパッキン部にフライヤーの原因は無かったように思います。明日のフロンティアAPSハンドガン平日無料練習会で再度フライヤーの確認を行いたい。



同じカテゴリー(メンテナンス)の記事画像
APS-3LE2011とLE2015のフレームを元に戻す
APS-3LE2011-15HYBRIDストライカー交換(2017/11/04)
APS-3LE2015バルブメンテナンス
APS-3LE2015シリンダーメンテナンス
昨年末に行ったこと
APS-3LE2013シアー交換
同じカテゴリー(メンテナンス)の記事
 APS-3LE2011とLE2015のフレームを元に戻す (2018-01-15 00:20)
 APS-3LE2011-15HYBRIDストライカー交換(2017/11/04) (2017-11-07 00:12)
 APS-3LE2015バルブメンテナンス (2017-09-27 00:12)
 APS-3LE2015シリンダーメンテナンス (2017-09-26 00:11)
 昨年末に行ったこと (2017-01-05 00:10)
 APS-3LE2013シアー交換 (2015-05-23 00:12)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。