2017年11月07日

APS-3LE2011-15HYBRIDストライカー交換(2017/11/04)

 10/30(月)のフロンティアAPS平日無料練習会でAPS-3LE2011-15HYBRIDのアッパーカバーを引いた際、コッキング不良でアッパーカバーが戻る現象が何度か発生。ストライカーの摩耗によるものだと思われるのでストライカー交換を行いました。

 アッパーカバーを開きコッキングしますが、アッパーカバーが戻りコッキングされません。

 ノズルによりチャンバー側へBB弾が1発送られた状態です。このままアッパーカバーを引くとBB弾が再度装填されてしまいます。なのでマガジンフォロワーを引きBB弾が送られないようにマガジン内のBB弾を戻した状態でアッパーカバーを引きコッキングし、マガジンフォロワーを戻す操作が必要で時間を要してしまいます。また症状が悪化するとコッキング自体ができなくなるのでストライカーの交換が必要です。

 ストライカーを取り外せるまで分解しました。

 下にあるストライカーは新品パーツです。

 シアーに掛かる部分のストライカーの状態比較。

 左が使用済み、右が新品のストライカーです。使用済みのはスチールシアーAが掛かる部分の角が面取りされたように磨耗していることが判ります。明らかに交換が必要な状態でした。

 ストライカー交換前後の弾速比較。

 若干交換後の弾速が上がってますが、有意差はなく問題なさそうです。

 11/5(日)の富士見スポーツシューターズAPS練習会に向けて前日APS-3LE2011-15HYBRIDのストライカー交換を行いましたが、当日体調不良で行けなくなりがっかりでした。



同じカテゴリー(メンテナンス)の記事画像
APS-3LE2011とLE2015のフレームを元に戻す
APS-3LE2015バルブメンテナンス
APS-3LE2015シリンダーメンテナンス
昨年末に行ったこと
APS-3LE2013シアー交換
APS-3LE2013チャンバーパッキン確認
同じカテゴリー(メンテナンス)の記事
 APS-3LE2011とLE2015のフレームを元に戻す (2018-01-15 00:20)
 APS-3LE2015バルブメンテナンス (2017-09-27 00:12)
 APS-3LE2015シリンダーメンテナンス (2017-09-26 00:11)
 昨年末に行ったこと (2017-01-05 00:10)
 APS-3LE2013シアー交換 (2015-05-23 00:12)
 APS-3LE2013チャンバーパッキン確認 (2014-01-27 00:12)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。