2016年02月17日

ノートPC ASUS K53TA Windows7再セットアップ

 昨年11月に「ノートPC ASUS K53TAをWindows10にアップグレード」という記事を書きました。しかし、色々と問題があり現在はWindos7が稼働しています。

K53TAにおけるWindows10の問題点
 ・SATAドライバーの更新等を行ってもDVDドライブが正常に動作しない。
 ・AMD APUの制御に一部不具合があるようでアイドル状態でもCPU使用率が高く熱暴走の恐れあり。
以上のことからWindows7へ復元を行いました。




Windows7への復元での問題点
 ・復元中もDVDドライブ認識問題でフリーズ状態になり強制シャットダウンを実施。
 ・強制シャットダウン後DVDドライブを外し再度復元を行うがタスクスケジュールやログファイルが損傷してしまう。
 ・タスクスケジュールが実行されないことでIMEを手動起動しないと日本語入力ができなくなるが一般的なソフトは動作する。
 ・タスクスケジュールが動作しないことでiTunes等のバージョンアップができない。
2ヶ月余り不具合のある状態でもWindows7の再セットアップは大変なので我慢して使用した。

Windows7の再セットアップ
 ・内蔵用BDドライブを購入したのでWindwos7再セットアップを決断。
 ・内蔵DVDドライブからベゼルを移しBDドライブと交換。
 ・修復インストールディスクを使いWindows7の再セットアップを実施。自動的にBlu-ray関連のソフトもインストールされる。
 ・各種ソフトをインストール。いくつかは設定ファイル等を事前にバックアップしていたので以前の状態を簡単に復元できた。それ以外は設定やり直し。
 ・各種動作確認を行いWindows7の設定を修正。
再セットアップから3日間で95%程度以前の状態を復元できた。




 Windows10のバージョンも上がっているので今後不具合が解消される可能性もあります。なので7月までの無償アップグレード期間中にシステムバックアップを行ってから何度かはWindows10アップグレードの再チャレンジを考えています。それでもダメならWindows7を使い続けるしかないでしょう。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)PC

2016年01月16日

Windowsタブレット その6

 昨年に続き今年の正月もWindowsタブレットを購入しました。8.9インチのWindowsタブレット「FRONTIER FRT810」です。

 Windows 8.1 With Bing版でMicrosoft Office Home and Business 2013が付属しています。

 FRT810の内容物

 タブレット本体に専用ACアダプター、専用電源用USBケーブル、Microsoft Office Home and Business 2013ライセンスカードが入っていました。

 セットアップ後のWindowsアップデートに薦められるままWindows8.1からWindows10へのアップデートを行いました。

 昨年購入した「Lenovo IdeaPad Miix10」はWindwos10に正式対応していませんが支障なく使えています。なので正式にWindwos10対応している「FRONTIER FRT810」でWindows10を拒む理由はありません。

 内蔵ストレージeMMCの32GBのみでは心許ないのでメモリーカードでストレージを追加します。

 暫定的に手持ちの32GBのmicroSDHCカードを装着です。

今後64GBのmicroSDXCカードを購入して交換する予定。

 このタブレットは裏面もガラスのようなのでケースなしでの運用をしたくありません。FRT810用ケースは無いようなのでネットで使えるケースを探しました。

 「PIPO W6」という中華タブレットと同じ形状との情報から「PIPO W6」用のケースを発注し到着待ちです。

 ケースとmicorSDXC64GBが揃うまで本格的な運用には至りません。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)PC

2015年11月16日

ノートPC ASUS K53TAをWindows10にアップグレード

 既にタブレットのLenovo IdeaPad Miix10はWindows8.1からWindows10にアップグレードして支障なく使っています。今度はノートPCのASUS K53TAをWindows7からWindows10にアップグレードすることにしました。

 Windowsアップデートからアップグレードを開始して再起動後のこの画面まで進みますが。

 15%まで進むと、その先に一向に進まないフリーズ状態になります。1時間以上待っても無反応のままエラーも何も出ないので仕方なく強制シャットダウンを行った後に起動するとシステムが復旧されWindows7に戻ります。翌日もう一度試しても同じ結果でした。

 ネットでK53TAのWindows10アップグレードについて調べたら、DVDドライブを外すとアップグレード可能という記事を発見します。

 そこでDVDドライブを外し、Windows10アップグレード作業を行いました。

 「Windoows をアップグレードしています」で15%の壁を越えています。

 この先も特に問題なく進行しアップグレードが完了。一旦シャットダウンしDVDドライブを取付け起動すると正常にDVDドライブを認識します。

 アップグレード後のシステム情報です。64ビットのWindows10Homeになりました。

 いくつかのシステム設定とアプリケーション設定を変更する必要はありましたが、Windows7で使っていたアプリケーションは概ね動作しています。

 残るはWindows7ディスクトップPCのアップグレードですが、Windwos Media Center上で動作する内蔵TVチューナーがWindows Media CenterがないWindows10だと使えなくなるので、外付けTVチューナーの利用を含め思案が必要なので保留です。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)PC

2015年09月06日

タブレットをWindows10にアップグレード

 タブレットPCのLenovo IdeaPad Miix10をWindows8.1からWindows10にアップグレードしました。メインで使っているデスクトップPCとノートPCもWindows7なのでアップグレード可能ですが、しばらくは保留します。

 アップグレード後のWindows10システム表示。Windows10Homeになりました。

 この旧来のシステム表示はスタート⇒設定⇒システムとは違うものです。このシステムを開くにはスタート⇒すべてのアプリ⇒Windowsシステムツール⇒コントロールパネル⇒システムか、スタート⇒設定⇒システム⇒バージョン情報⇒システム情報で開くことができます。

 8月に入った当初はアップグレードの準備ができたと通知されたのに、いざ実行するとIntel Graphicsトライバーの互換性に問題があるとなりアップグレードできませんでした。8月下旬になり再びアップグレードの準備ができた通知が出て、今度は実行可能でした。

 この画面真ん中の%表示が100%になるまでに何度も再起動を繰り返します。

 およそ1時間程度で、この起動画面になりました。

 この後、ログインします。

 ログイン後、「しばらくお待ちください」を経て「あと少しです」になりました。

 「あと少し」から変化した表示です。

 ブルーバッグ画面が消えてデスクトップ画面の表示に変わりました。これで完了です。

 起動画面から10分程経過したので、アップグレードは70分程度で完了しました。

  アップグレード前Windows8.1のデスクトップが画面です。

 タスクバーが半透明な感じでWindows7と似たようなものでした。しかし、スタートはメニュー形式に展開せず全画面表示のものでデスクトップ主体では使い難いものです。

 アップグレード後Windows10のデスクトップ画面です。

 タスクバーが黒になり、クイックアクセスアイコンが左側から中央に変わっています。システムアイコンやウィンドウが平面的になり、アクティブウィンドウも色の変化がなくなるなど見かけはシンプルな印象です。以前ものとは異なるもののスタートメニューが復活しているのは嬉しい。

 アップグレード直後にはタッチキーボードを使うとタブレット内部から発信音が出るトラブルがありましたが、何度か再起動したら症状は消えて問題なくなりました。Windows8.1よりタッチキーボードは使い易くなった印象があります。

 マイナートラブル以外にも一つだけ支障が出ました。それは顔認証でログインする「VeriFace」が使えなくなったことです。アップグレードで消されてしまいました。それ以外のアプリは問題く使え支障はありません。しばらく使って慣れたらノートPC等のアップグレードも考えたいですね。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)PC

2015年08月21日

エレコムBluetoothキーボード

 今年4月の「ポケモンキーボード」という記事でLenovo IdeaPad Miix10やASUS MeMoPad HD7でのブログ作成にポケモンキーボードを活用していることを書きました。その時の本命で買えなかったエレコムのBluetoothキーボードを入手したので紹介します。

 エレコムBluetoothキーボード「TK-FBP069BK」のパッケージです。

 現行品ではなく少し古いモデルです。ポケモンキーボード購入時と同程度の価格まで下がり最安値と考え購入に至りました。

 パッケージの中には段ボールケースに入ったキーボードが入ってます。

 キーボードと電池、説明書2部。

 キーボードの裏側。

 電源・コネクトスイッチ、折りたたみスタンド、電池ボックスがあります。

 折りたたみスタンドを展開したところ。

 安定した平らな所なら10インチタブレットでも問題なく使えそうなスタンドです。

 ポケモンキーボードとの比較。

 サイズ的にはほぼ同じです。ポケモンキーボードのキーピッチは約17.0㎜ですが、エレコムキーボードは17.5㎜と見かけの印象より広いので意外と打ち易い。ただエレコムキーボードの方はキーの数が多いので一部のキーは幅が狭くなています。

 エレコムキーボードを購入したのは軽さとマルチペアリング機能があるからです。

 重量は電池込で217gでした。ポケモンキーボードは257gなので40g程軽くなています。マルチペアリング機能は9台までの機器に対応し切り替えて使えるので、ポケモンキーボードのように別のタブレットで使う度にペアリング登録をし直す必要がないのは便利です。

 現時点では仕事場に置いているポケモンキーボードをエレコムキーボードに置き換える予定はありません。タブレットを持ち運んでキーボードが必要になる場合に使う予定ですが、そんな機会は滅多にないので主としてポケモンキーボードの予備として待機するだけになりそうです。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)PC

2015年04月20日

ポケモンキーボード

 「Windowsタブレット その7」という記事でLenovo IdeaPad Miix10にNexus7 2013用のモバイルBluetoothキーボードを使っているが不満があることを書きました。今回使い易いキーボードを入手したので紹介します。

 購入したのはBluetoothキーボードが付属しているニンテンドーDS用ゲーム「バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS」というソフトです。

 本命はエレコムのBluetoothキーボードでしたが、購入タイミングで在庫が切れたのか価格が高騰したので次の候補のこれにしました。

 パッケージ内容です。

 折りたたみ式のDSコンパクトスタンド、DSソフト「バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS」、ニンテンドーワイヤレスキーボードの3点が入ってました。一昔前にニンテンドーDSを処分しているのでDSソフトは使えません。

 これが付属のニンテンドーワイヤレスキーボード通称「ポケモンキーボード」です。Bluetoothで接続します。

 キーピッチ約17㎜で、キートップにかな表示はありませんがJISキーボードです。ローマ字入力派の私には問題なし。ESCキーやファンクションキー入力はFnキー併用となります。キータッチは良い方ではないものの誤入力することなく快適な入力が可能です。

 付属のDSコンパクトスタンドです。

 現状スタンド機能付きのタブレットケースを使用しているので、現時点では使い道がありません。

 キーボードの幅はほぼLenovo IdeaPad Miix10と同じでマッチしています。

 Nexus7 2013用のモバイルBluetoothキーボードと違いキー表示通り入力できるのと適度なキーピッチによって快適にキー入力ができるようになりました。

 もちろんAndroidタブレットのASUS MeMoPad HD7でもポケモンキーボードは活用できます。

 「日本語106/109キーボードレイアウト」というアプリを導入したことでAndroidでもキーボードレイアウト通りの入力が可能になり快適です。

 このキーボード付の「ポケモンタイピングDS」は一昔前に1,500円程度で売られていたようですが、現在は3,000円前後で白と黒の2タイプがあります。任天堂のゲーム用に作られているので耐久性も優れていることでしょう。Bluetoothコンパクトキーボートとしてポケモンキーボードを入手して良かったです。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(2)PC

2015年02月26日

Windowsタブレット その7

 Lenovo IdeaPad Miix10付属のキーボード付カバーからMiix2 10用のカバーに変更しましたが、Windowsタブレットのタッチキーボードやスクリーンキーボードは使い勝手が悪すぎるので外付けキーボードが必要だと感じます。

 既に所有していたキーボードとマウスが利用できました。

 Bluetooth接続の機器です。

 キーボードは以前購入していたNexus7 2013用。

 Nexus7 2013用は所有しているASUS MeMOPad HD7とサイズが違うので、別途Nexus7 2012用を購入し余っていたので活用できて良かったです。

 マウスも以前からあったもののペアリングができず使い道に困っていたBluetooth小型マウス(左)がIdeaPad Miix10だとペアリングできて使えました。

 しかし、Bluetooth小型マウスは電源SWがなくIdeaPad Miix10以外に使えないので、新たにバッファローのBluetoothマウス(右)を購入しました。こちらは別の機器でも使えます。

 このBluetoothキーボードとマウスのセットを仕事場に置いて空き時間に活用しています。

 キーボードの方は一部の記号がキートップ表示通りに入力できないこと、キーピッチが狭すぎることで誤入力が気になりますが、タッチキーボード等に較べると遥かに効率が良いです。また、このセットはペアリングをやり直す必要はありますが、AndroidタブレットのASUS MeMOPad HD7でも使えます。

 今はNexus7 2013用Bluetoothキーボードで我慢していますが、余裕ができたら入力し易いキーボードを入手し、より快適に活用したいと思います。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)PC

2015年02月25日

Windowsタブレット その6

 Lenovo IdeaPad Miix10付属のキーボード付カバーとMiix2 10用のカバーを比較します。

 上がMiix10付属のキーボード付カバー、下が安価で購入したMiix2 10用のカバーです。

 Miix2 10用のカバーの方が一回り小さいことが判ります。

 Miix10本体の重量です。

 577gでした。

 Miix10本体+付属キーボード付カバーの重量です。

 1kg超えの1063gでした。付属キーボード付カバー単体で486gもあります。

 Miix10本体+Miix2 10用のカバーの重量です。

 761gでした。Miix2 10用のカバー単体で184gあります。

 付属キーボード付カバーからMiix2 10用のカバーに換えることで302gの軽量化が図れました。AndroidタブレットのMeMOPad HD7に較べるとずっしりですが、普段持ち運んでも我慢できる程度には軽くなりました。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)PC

2015年02月16日

Windowsタブレット その5

 「Lenovo IdeaPad Miix10」用のカバーをAmazonで探しましたが専用品は種類が少なく高価でした。しかし、後継機で日本未発売と思われる「Lenovo IdeaPad Miix2 10」用のカバーが980円と安価で売られているのを発見します。両機種の寸法の違いはMiix10の方がMiix2 10より1mm厚いだけなので何とかなるかと思いダメ元で購入しました。

 届いたMiix2 10用のカバーです。

 リアカメラ用の穴がありますが、Miix10にはリアカメラはありません。

 カバーを開きます。

 粘着剤やマジックテープ等は使わず枠に入れ折り返しで保持する構造のカバーです。

 Miix10本体とのサイズ比較。

 本体より僅かに大きいだけとスリムサイズでした。

 Miix10本体をカバーに入れてみます。

 少々きついものの何とか入りました。

 USB端子も問題なく使えます。
????

 フロントカメラも何とか使える程度に露出しています。


 ところが一つだけ問題がありました。

 それはボリュームボタンが覆われていることです。

 とりあえず起動してみましたが。

 フラッシュリカバリーのメッセージが表示され起動しません。ボリュームボタンが押された状態になっていることが原因でしょう。

 対策としてボリュームボタンに触れないよう、この部分をカットします。


 カットしてボリュームボタンが露出しました。


 起動してみると正常にロック画面が表示されます。

 カットした部分が無くても本体のホールドには支障ありません。

 外部キーボードを使用するのに適した角度に立てることが可能です。


 また、ソフトキーボードで入力し易い低い角度にもできます。


 不要部分のカットのみで安価なMiix2 10用のカバーをMiix10で使えて良かったです。背面のスピーカーが塞がっている問題もありますが、必要なら穴を開けてみようと思います。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)PC

2015年01月30日

Windowsタブレット その4

 WindowsタブレットLenovo IdeaPad Miix10を持ち運ぶためのケースを100円ショップダイソーで入手しました。

 購入したのは、しっかりしたクッションが入ったパソコンケースです。

 残念ながら100円ではなく300円商品でした。

 Lenovo IdeaPad Miix10とのサイズ比較。

 Lenovo IdeaPad Miix10が余裕で入ります。

 Lenovo IdeaPad Miix10とACアダプター等を一緒に入れてみました。

 問題なく収納できます。

 一緒に入れてるモノ。

 ACアダプターとBluetoothマウス、USBホストケーブル、メモリーカードリーダー等です。

 このセットで持ち歩いていますが、タブレットにキーボードカバーをプラスすると1Kgを超えてノートPCと変わらず結構重いと感じます。気楽に持ち運ぶならキーボードカバーなしで別のカバーを用意したいとも思いますね。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)PC

2015年01月27日

Windowsタブレット その3

 必要ないと思って削除した顔認証ソフトでしたが、パスワード入力をログオン時だけでなくスリープからの復帰時も行うことがあり入力が面倒です。そのため、削除した顔認証ソフト「VeriFace」を復活させるべく初期化からやり直しました。

 最初に必要なデータをmicroSDの方に退避させ、microSDを抜いてから初期化を行います。

 初期化は1時間程で終わりました。

 次にWindows8からWindows8.1にアップデートするため、Windows8上でWindows Updateを行います。

 124個の更新があります。この処理だけで2時間以上必要でした。

 124個更新だけでは終わらず、その後2個の更新を行いWindowsストアからWindows8.1へのアップデートを試みますがエラーが発生。再度Windows Updateで調べると更に4個の更新がありました。

 4個の更新後はWindowsストアからWindows8.1アップデートの進行が可能になりアップデートを開始します。

 Windows8.1アップデート開始からこの画面到達まで2時間以上経過しました。

 その後いくつかの設定を行いWindows8.1が使えるようになります。

 必要なソフトをいくつかインストールした後、顔認証ソフト「VeriFace」の設定を行いました。

 これでパスワードを入力することなく顔認証でログオンできます。

 顔認証ソフトは便利ですね。一晩徹夜してまで復活させる価値がありました。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)PC

2015年01月24日

Windowsタブレット その2

 Windowsタブレット「Lenovo IdeaPad Miix10」のOSアップデート等が終わってからの続きです。

 IdeaPad Miix10は64GBのeMMCが内部ストレージとして使われています。

 いくつかのプリインストールソフトを削除して35GBの空き容量を確保しました。この状態でも使えますが、快適に使うためmicroSDカードでストレージを追加しようと考えます。

 秋葉原でバルク品のmicroSDXC-64GBを購入。

 また、手持ちのmicroSDメモリーカードリーダーが壊れたのでダイソーで新たに汎用のメモリーカードリーダーを入手します。

 バルク品のmicroSDXC-64GBカードをセットします。

 そして、Androidタブレット「ASUS MeMoPad HD7」のmicroSDHCカードをカードリーダーに入れてブログ関係のファイルをコピーしました。

 ブログ関係のファイルを入れても50GB以上の空き容量があります。

 動画を編集したりすることはないと思うので、これくらいの容量があれば十分です。

 あとACアダプター等を入れられるケースを用意すれば家のノートPCで行っているブログ作成と同じことが出先でも可能になるでしょう。その前に削除してしまった顔認証ソフトを復活させるべく初期化からやり直そうかとも思っています。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)PC

2015年01月18日

Windowsタブレット その1

 年明けの秋葉原で購入したWindows8タブレットの「Lenovo IdeaPad Miix10」を活用すべくセットアップを行いました。

 付属品込の一式。

 キーボードカバーとACアダプター、USBホストケーブルにタブレット本体です。

 最初に工場出荷状態にすべく初期化を行います。

 次にWindows8からWindows8.1へアップデートします。ネット上には8.1より8の方が良いという意見もありましたが、先入観がないのでOSは最新版にしておこうと思いました。

 WindowsUpdateの更新ファイルが多くOSのアップデートは翌日になりました。しかし、原因を示さないエラーが出て悩みました。色々試した結果WindowsUpdateに追加の更新があったことでエラーが出たと判りなんとかアップデートが完了。

 無事Windows8.1になっています。

 OSの更新後、回復ドライブをUSBメモリーに作成します。

 8GBのUSBメモリーを使い無事に終了しました。

 キーボードカバーはあるものの持ち運びにはケースもと思い以前ネットブック用に購入していた100円ケースを捜しました。

 見つかったこのケースにキーボードカバー付のタブレットは何とか入りました。しかし、サイズに余裕がなくACアダプター等を入れることができないので別のケースを用意することにします。

 TDP1.7Wと低消費電力の非力なCPUなので処理速度は遅いもののバッテリーライフは長く充電の頻度は少なくて済みます。しかし、付属のACアダプター以外は使えないので一緒に運びたい。また、主としてデスクトップアプリを使いますがキーボードにタッチパッド等がないためBluetoothマウスも一緒に運ぶ必要があり余裕があるケースが必要です。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)PC

2014年10月26日

ブログ作成のためにタブレット活用 その3

 ハード面ではケースの更新で良好な操作性が得られました。あとはソフト面でPC並みのブログ作成環境を構築したいと考えます。

 最初にブログのレイアウト確認に必要なブラウザの選定です。必要とされる機能は、
(1)ローカルHTMLファイルを表示できること
(2)ページのリロードができること
(3)複数のタブ表示が可能なこと
 以上の3点です。

 まずHTMLビューアーとHTMLViewerを試します。

 この2つは右上のクローズボタンの有無しか見かけ上の違いはありません。両方ともローカルHTMLファイルを開き問題なく表示できますが、ページ・リロードの仕方が不明でリロードできません。これではHTMLファイルを修正した際の確認が面倒です。

 次にGoogle Chromeブラウザです。

 何とローカルHTMLファイルを開くことができませんでした。

 そしてAndroid標準ブラウザです。

 ローカルHTMLファイルを開きページ・リロードも可能で複数のタブを開くこともでき表示も問題ありません。この標準ブラウザをローカルHTMLファイルでレイアウト確認しながらブログを作成するのに利用することにします。

 ブログ作成自体は標準ブラウザで十分ですが、タブレットでブログをアップするにはFlashが動作するブラウザが便利です。それが可能なFirefoxを試します。

 PCではメインブラウザとして使っているので馴染のあるブラウザです。Firefoxでも標準ブラウザと同等なことが可能です。しかし、ローカルHTMLファイルをリロードしたときページトップに戻ってしまうので、スクロールし直す必要があります。

 ミリタリーブログの「Flashからのアップロード」による画像アップロードが可能です。

 これをタッチすると、イメージファイルとビデオファイルの選択が。

 イメージファイルを選択します。

 タブレット内の全てのイメージファイルから選択です。PCのようにフォルダー選択できないので、大量にある画像から必要なものだけを選択するのは大変そうです。PCトラブルなどのバックアップとして使う形になるでしょう。

 ブログ文章のテキストファイルとHTMLファイルを編集するのにはテキストエディタのJota+を使います。

 無料版でも2つのファイルを同時に開けるので、

 テキストファイルとHTMLファイルを同時に開き編集作業を行います。

 HTMLファイルの編集後、タスク切り替えキーで標準ブラウザに切り替えます。

 標準ブラウザでリロードを行ってレイアウト等を確認。Jota+に戻っての編集を何度か繰り返して記事を仕上げ、完成した記事は自宅のPCに転送してブログのアップを行います。

 私が行っているのはブログ記事アップ用にテキストファイルを編集し、レイアウト確認用にHTMLファイルも編集するという面倒な方法です。仕事の合間にオフラインでブログ記事を作成するために考案しました。そのためPCやタブレット内に今までのブログデータが全て入っていてオフラインで見ることができます。

 数年前にブログの毎日更新ができたのは、この手法があってこそでした。その時の仕事場にはPCがありましたが、今の仕事場にはありません。しかし、タブレットでも同じような手法が可能になり年間の毎日更新は無理でも更新率を高めることはできるようになるでしょう。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)PC

2014年10月25日

ブログ作成のためにタブレット活用 その2

 ブログの文章を書くにはキーボードがあった方が良いと思いNexus7用のBluetoothキーボードを購入してみました。

 このキーボードはタブレットを蓋にして持ち運びを容易にします。

 しかし、一部の記号はキー配列通りの入力ができず面倒な入力が必要になります。

 さらにタブレットのタッチ操作を行うと頻繁に倒れるという問題もありました。

 Androidだとキーボードのみで全ての操作はできないので大問題です。せっかく購入したキーボードですが、操作性の悪さから現時点では使用を諦めました。

 キーボードに代わり、以前購入し放置していたケース使用すことにしました。
 手帳カバータイプのMeMo Pad HD7用ケースです。LCD側にはマグネットが内蔵されオートスリープに対応しているので通常は電源ボタンを押さずに使えます。
>
 タブレットのスタンドにもなります。

 電子書籍リーダーとして使う時も背面のバンドに手を通し安定した片手持ちが可能です。

 このケースを使うことでタブレットを横持ちした際の安定性も増しています。ソフトキーボードは親指入力になりますが、そこそこ快適でハードキーボードが使えないことの不満はある程度解消されました。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)PC

2014年10月24日

ブログ作成のためにタブレット活用 その1

 正月に購入したAndroidタブレットASUS MeMo Pad HD7です。

 主に電子書籍リーダーとして活用しています。

 カラーページもあるコミックが中心なのでカラーのタブレットが必要でした。

 持ち運び用のケースは278円で購入したレザーケースです。

 Nexus7(2012)用ですが、ジャストサイズでタブレットのスリムさを損ないません。

 PCに較べ小型軽量で持ち歩きが苦にならない7インチタブレットなので仕事場にも持っていきます。今までは手の空いた時間に読書端末としてのみ使ってましたが、ブログ作成にも活用したいと思い立ちました。ソフト面・ハード面で対応を考えます。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)PC

2014年03月30日

トラブルは続く その3

 前回の記事で一旦は使えるようになったスマートフォンのWX04SHでしたが、結局PHS回線の方が使えなくなり修理に出さざるを得なくなりました。

 各種バックアップは行ってましたが、日々更新するデータは一時的に7インチ・タブレットのMeMO Pad HD7で使うことにしました。

 「ジョルテ」や「QuickOffice」等をインストールしてデータをクラウドと同期したりNASからコピーして使います。

 翌日の夜にWX04SHを修理に出したら代替電話機としてWX10Kを借りることができました。

 WX04SHと同じようにPHS/3G両用機ですが、こちらは4G(LTEではない)にも対応していて通信速度が速いです。

 最低限のアプリをインストールします。

 クラウドとの同期で大部分のデータを最新にしてMeMO Pad HD7でのバックアップ使用は僅か1日で終了し代替のWX10Kで通常使用は不自由ありません。

 最後にゲームを一つインストールしました。

 「数独 Andoku 2無料」という数独ゲームです。このソフトのデータバックアップもmicroSDカードに入ってますが、リストアするのが面倒なので続きからでなく最初からゲームを楽しんでいます。

 代替機のWX10KもWX04SH用に購入したケースにピッタリ入りました。WX04SHの修理が完了するまで異なる使い勝手を楽しみたいと思います。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)PC

2014年03月22日

トラブルは続く その2

 ネットブックのトラブルより深刻なトラブルが発生しました。

 それはスマートフォンのトラブルでPHSと3Gの回線が使えなくなるというものです。仕事中は電波が入らない場所にいるので通常機内モードに設定して無線通信を停止しています。そして電波が入る場所に戻ったら機内モードを解除しますが、機内モード解除ができなくなりました。再起動して設定メニューから機内モードを解除してもアンテナが立たず通信ができません。

 端末のプロフィールを見るとPHS回線の番号が消えてました。3Gの方は番号表示がされるものの通信はできません。WiFiのみは通信が可能でした。

 端末情報から端末の状態を見てみます。

 PSIDが不明になっていました。これは端末固有の情報でメモリから消えた状態になったようです。電源を切る→起動や再起動を何度も試しますがPSIDは不明のままでした。

 修理に出すしかないかと考え、その準備のため各種バックアップを取り始めます。

 翌日の退勤中に機内モード解除してみるとアンテナ表示が出ました。

 当初PHSと3Gのアンテナが表示されましたが、数分後に3Gのみのアンテナ表示に変わります。しかし3G通信自体はできませんでした。

 休日前の夜、物は試しと就寝中スマートフォンの電源を切っておくことにしました。起床後に電源を入れると正常にアンテナ表示がありメールの着信が始まります。

 端末の状態を確認するとPSIDが復活していました。

 プロフィールを見るとPHS番号も復活しています。

 恐る恐る再起動を行っても無事にPHS/3G通信が可能でした。

 今回のトラブルが一過性のものであることを祈ります。再発するようなら今度は修理に出さなければなりません。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)PC

2014年03月21日

トラブルは続く その1

 APS競技銃のトラブルが続いていましたが、それ以外でもトラブルが続いています。

 3年位前に購入したネットブックです。

 購入してから一度も起動してなかったので、起動してWindowsUpdateを実行しました。

 更新プログラムが131個もあったので更新に時間がかかります。

 1度の再起動のみで更新作業は無事に終了。ここまでは何の問題もありません。

 WindowsUpdateから一晩過ぎてもバッテリー残容量87%で充電中のままです。

 確認のためACアダプターのプラグを外したら何と電源が落ちました。バッテリー駆動ができない状態です。

 バッテリーの詳細なステータスを表示するソフトを使って状態を調べます。

 状態は外部電源使用中 充電中となってますが、(放電/充電)速度項目の0mwという値を見る限りバッテリーが動作していないことを意味しているのでしょう。

 ACアダプターを使った外部電源だと動作できますが、バッテリー駆動ができないのはネットブックとして致命的です。Linuxをインストールして使おうと思ってましたが、一度も活用することなく役に立たないPCになってしまいました。  

Posted by MAGI at 03:05Comments(0)PC

2014年03月15日

久々のLinux

 Windows7のPCが2台で、残りは全てWindowsXPのPCしかありません。WindowsXPのサポート切れ以降にどう活用するべきか考える日々が続きます。

 WindowsXPのThinkPad X31です。

 ThinkPad A31pのウルトラベースデバイス資産を活用できることもありこのPCは処分せずに使い続けようと思っています。

 活用を続けるためにOSとしてLinuxをインストールしてみました。HDDにパーティションを追加してLinuxをインストールするのはThinkPad530cs時代以来で超久々です。

 最近のLinuxディストリビューションはPAEというのが必須です。このPCのCPUはPentiumM 1.7GHzでPAE非対応のため通常にインストールできるディストリビューションは限られます。今回は軽量なPuppy LinuxのPrecise-571JPという最新バージョンをインストールしました。

 Puppy Linuxのディスクトップ画面です。

 WindowsXPに似た感じなので操作は比較的判り易い印象を持ちます。

 MS Office互換ソフトの中でEXCELのグラフの再現性が高いKingOfficeのLinux版Alpha12をインストールしました。

 しかし問題発生。

 肝心のグラフ作成機能(Chart)がアクティブにならずグラフが描けません。調べるとグラフサポートは現在読み取り専用のようです。グラフのあるワークシートファイルを読み取ってもWindows版に較べグラフの再現性は著しく劣ります。

 グラフ作成ができない問題はAlpha版なので仕方ありません。今後のバージョンアップで解決できると思います。それができたらWindowsXPからLinuxをメインに運用できるでしょう。  

Posted by MAGI at 01:37Comments(0)PC

2014年03月14日

ThinkPad A31p LCDバックライト死亡

 先月チラツキだしたThinkPad A31pのLCDバックライトですが遂に点灯しなくなりました。

 この写真のように真黒な画面になり操作ができません。

 斜めからライトを当てると幽かに画面が見えますが、文字を読み取るのも困難です。

 リモートディスクトップでONKYO E515A7Bから操作しようとしましたが、パスワードを忘れてしまい接続できません。

 ThinkPad A31pのバックライトが点灯しない画面からパスワードを読み取ることは難しくリモートディスクトップによる操作は諦めます。

 リモートデスクトップで操作できなくなったので予め用意していたD-sub15ケーブルでThinkPad A31pとONKYO E515A7Bを接続し、ONKYO E515A7Bを外部ディスプレイとして使います。

 ThinkPad A31pでは通常「fn+F7」でLCDと外部ディスプレイを切替えできますが、プレゼンテーションマネージャーの起動に「fn+F7」を設定していました。そのためThinkPad A31pの画面に斜めからライトを当て幽かな表示でディスプレイ設定を操作しONKYO E515A7Bに画面表示させるまで1時間以上を費やします。

 当初解像度1024×768のXGAで横長表示でした。

 使い難いのでディスプレイ設定を見直し1920×1080のフルHDにします。

 ThinkPad A31pの1600×1200のUXGAに較べ縦解像度は不足しますが、横解像度は増すことで使い易くなりました。

 延命できたThinkPad A31pですが、WindowXPのサポートがもう直ぐ終わる中で今後どうすべきか悩むところです。

 ThinkPad A31pは2002年8月17日に369,800円もの出費をして購入したものなので慢心創痍であっても愛着があります。これまでにHDDを3回交換し延命してきましたが潮時でしょうか。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)PC

2014年02月20日

ThinkPad A31p三度目の危機

 MAGI SYSTEMのメインPCとして長らく稼働してきたThinkPad A31pですが、4年前に修理した液晶バックライトに不具合が出始めました。

 不具合はバックライトのチラツキです。

 写真の左が明るいとき、右が暗いときでチラツキは不定期ですが続きます。時としてバックライトが点灯しないこともあり常用することが困難になりました。

 ThinkPad A31pをメインPCとしての活用するのは止め、代わりにASUS K53TAをメインPCに変更です。しかし、A31p内のデータが必要になることがあるのでリモートデスクトップ接続で操作できるように設定しました。

 上はリモートコントロールされる側のA31pの画面。下はコントロールする側のPC画面です。

 コントロールする側のPCは画面解像度がFULL-HDのONKYO E515A7Bを使います。

 リモートデスクトップではどうしても操作できなくなったことへの備えとしてD-sub15ケーブルを用意しました。

 A31pにはD-sub出力があり、E515A7BにはD-sub入力が存在するのでケーブルのみで使えます。ちなみにA31pにはS端子の入出力が存在するのでアナログ入力可能なTVに接続して使うことも可能です。

 WindowsXPのサポートがもう直ぐ終わるので、Windows7PCのK53TAをメインに移行する必要があり良いタイミングで不具合が出たと感じています。

 古いWindowsXPのPCの一部はLinuxをインストールして活用しようと考えています。しかし、スペック的に厳しいPCは処分が必要な時期なのかもしれません。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)PC

2014年01月05日

Androidタブレット購入


 昨年の4月の記事でシャープのGALAPAGOS EB-W51GJ-Rというタブレットを紹介しました。しかし、不具合が出て初期化したら起動不可能になってしまいました。俗に言うレンガ化です。

 保障期間が切れていたので有償修理になります。GALAPAGOSは古いので動作しないアプリも多くバッテリーの持ちも良くないこともあり修理するより新しいタブレットの購入を検討していました。

 昨年末にAPS-3LE2013を購入したことで資金が少なく迷ってましたが、フロンティアで500円くじを引けず福袋も購入できなかったことで多少の資金が生じます。これを使って買えるタブレットをリサーチし、7インチのAndroidタブレット「ASUS MeMO Pad HD7」を購入しました。

 充電中なのでレポートはそのうち書きたいと思います。  

Posted by MAGI at 00:25Comments(0)PC

2013年12月05日

スマートフォンケース新調

 WX04SHのケースとして「スマートフォンケースを修復 」という記事で修復したホルスタータイプのケースを使用しています。

 それは、ダイソーで購入したこの100円ケース。

 コストパフォーマンスが良くお気に入りのひとつです。

 ある日何となく出し入れし辛いと感じるようになりました。

 よく見るとストラップを止めている糸が解れて落下の恐れがあります。

 応急処置としてホチキスで仮止めです。

 糸で縫い直せば問題なく使用できますが、面倒なので新しいケースを購入することにしました。

 購入したのはサンワサプライのレザーケースです。

 大型スマートフォン対応となっているのでWX04SHには少々大きめ。

 剛性のある皮製のホルスタータイプケースなので取り出し易いです。

 ストラップを固定するマグネットホックが少々嵌め難いものの扱い易いケースになっています。

 もう少し小さくジャストサイズであれば言う事なしですが、そこには目を瞑って使いたいと思います。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)PC

2013年12月02日

スマートフォンに液晶保護フィルム

 リングストラップ装着のみで使用していたスマートフォンWX04SHですが、乾燥する季節になりハンドクリームを塗ることから液晶画面の指紋が目立ち気になります。

 そこで、当初は使わない予定だった液晶保護フィルムを購入です。

 同じ形状のSoftBank205SH用の物で指紋が付きにくい光沢タイプにしました。

 このように高い光沢があります。


 光沢はあっても指紋は目立ちません。

 

 カメラレンズ用のフィルムも添付されていたので貼ってみました。

 カメラ性能が高い機種ではないので保護フィルムを貼っても影響はないでしょう。

 液晶保護フィルムを貼る前は1日数回画面をクリーナーで拭いていましたが、静電気により埃が付き易いことも気になる点でした。保護フィルムを貼ることで問題解消です。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)PC

2013年11月11日

Windows Mobile から Android へ その2

 AQUOS PHONE es WX04SHを活用するために不足しているものを揃えます。

 本体の内部ストレージ容量が8GBと小さく、おまけで付いていたmicroSDHCが8GBと容量不足です。

 そこで外部ストレージ最大容量となる32GBのmicroSDHCを購入しました。

 SHARPのスマートフォンですがIGZO液晶を搭載していないので電池の持ちは良いとは言えません。以前モバイルバッテリーを購入していますが、無駄に容量が大きく重いので新しいモバイルバッテリーを購入しました。

 ACアダプターとしても使えるモバイルバッテリーです。右写真中央のケーブルは附属のものですがケーブルが邪魔なので、右側の伸縮式ケーブルを別途購入しました。

 バッテリー部分とACアダプター部分を切り離すこともできます。

 それぞれ単体動作が可能です。

 家で充電するのには以前から使っているダイヤテックのUSB-ACアダプターとUSBケーブルを組み合わせて使用します。

 ケーブル類はダイソーで購入したものです。

 必須なアプリとして8つインストールしました。

 最も稼働しているのはAndoku 2という数独ゲームです。タッチパネルでは誤入力がありますが、数独ができるだけで十分だと感じます。

 現時点でPHSはナンバーポータピリティに対応していません。HYBRID W-ZERO3と同じようにPHSと3Gのデュアル式でPHS番号を継続できることが重要でした。OSがWindows Mobile から Android に大きく変わり自由度は一歩後退しましたが、Androidの方が使い易いので変更して良かったです。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)PC

2013年11月10日

Windows Mobile から Android へ その1

 1年10ヶ月弱使用してきたWindows MobileのスマートフォンHYBRID W-ZERO3からAndroidのAQUOS PHONE es WX04SHに機種変更しました。

 WX04SHの箱です。

 とてもシンプルな箱でした。

 内容物は3点だけというシンプルさ。

 取扱説明書、WX04SH本体、SDカード・USIMカード抜挿ツールです。

 HYBRID W-ZERO3とWX04SHのサイズ比較。

 WX04SHの方が横幅は若干広くなり、縦の長さと厚さは小さくなっています。トータル的には小型化したと感じました。

 ダイソーで購入したこのケース。

 HYBRID W-ZERO3にジャストサイズでしたが、WX04SHでも問題なく使用可能でした。

 しかし、HYBRID W-ZERO3で使っていたアルミ製のモバイルリングではキズが付く可能性が高いと感じます。

 そのため柔らかい樹脂製のリングストラップを購入。

 こんな感じになります。

 形態的にはHYBRID W-ZERO3とあまり変わらない運用ができそうです。

 しかし、幾つかの不足を埋めなければなりません。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)PC

2013年06月23日

HYBRID W-ZERO3 Twitterクライアント

 日中は携帯の電波が入らない地下での仕事なので、iPhoneやAndroidスマートフォン全盛の世の中ですが、相変わらずWindowsMobile6.5のHYBRID W-ZERO3を使い続けています。

 不満は多々ありますが、自由度の高さでカバー中。しかし、最近愛用していたTwitterクライアントのRewitが使えなくなりました。

 リスのアイコンをタップ。

 Rewitが起動。

 タイムライン取得を行うと。

 「受信中です...」と表示されます。

 しかし、しばらくすると。

 「何かエラーが発生しました」と表示されタイムライン取得ができません。

 ネットで調べると2013/06/12からTwitter API 1.0のサポートは終了しAPI 1.1に仕様変更されました。それによりAPI 1.1に対応しないRewitは使えなくなってしまいます。

 そこでWindowsMobileのTwitterクライアントで現状唯一API 1.1に対応したAzureaをインストール。

 美少女のアイコンをタップ。

 初回起動時は認証処理がありましたがスクリーンショットを撮ってませんでした。

 「Refresh」をタップ。

 データをロード中です。


 タイムラインが表示されました。

 現状でも何とかデフォルトのフォントサイズのまま裸眼で読めます。

 ツイートは滅多はしませんが、チェックだけはしています。宇多田さんが復活したりとTwitterの情報が一番早いことが多いので。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)PC

2013年04月15日

タブレット その2

 GALAPAGOS EB-W51GJ-Rは旧機種なので購入できるアクセサリー類が限られますが、アマゾンで見つけたノングレアフィルムとケースを購入しました。

 ノングレアフィルムは「docomo ブックリーダー SH-07C用ノングレア画面保護フィルム」というものです。

 docomo ブックリーダー SH-07CとGALAPAGOS EB-W51GJ-Rはサイズ形状が同じなので、このフィルムが使えます。

 ケースは「ELECOM GALAPAGOS5.5型用本革ケース 手帳タイプ」。

 裏面を覆う形で使えるタイプで他メーカーのも似たようなものしかありません。

 ノングレアフィルムを貼ったGALAPAGOS EB-W51GJ-Rをケースに入れてみました。

 ケースのフタ部分を折り返して使います。

 タブレットの裏面に直接触れないので指紋は付きません。

 難点はケース込みでは厚くなることです。

 スリムなタブレットの魅力をスポイルしますが、プロテクション効果を考えると仕方ありません。

 このタブレットは電子書籍を読む目的で購入しました。無料のマンガを表示しています。

 カラーで5.5インチと小型の液晶ながら解像度が1024×600と比較的高いのでコミック文庫感覚で読むことができます。

 現時点ではどの電子書籍サービスを利用するか迷ってますが、今後はできるだけ紙の本は購入を減らし電子書籍を主力にしたいですね。  

Posted by MAGI at 00:20Comments(2)PC

2013年04月14日

タブレット その1

 1月に購入しながら使ってなかったタブレットを紹介します。

 購入したのはシャープのGALAPAGOS EB-W51GJ-Rです。

 旧型のAndroidタブレットで今も安く売られています。

 内容物はタブレット本体とACアダプター。それと写真には写ってませんがPC接続用USBケーブルです。

 また、試供品として8GBのmicroSDHCメモリーカードも付属しています。

 表面も裏面もピカピカで指紋が目立ちます。

 指紋が目立つのと反射が多いのは好きではありません。

 実際に使うにはノングレアフィルムとケース類が必要だと感じます。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)PC