2018年09月23日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/09/18・21)

 縮小プレートとは異なり軽いトリガーの方が良好になると思っている縮小シルエットです。

 2018/09/18のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒09(×)⇒08(×)⇒09(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒10(〇)
  11 + 11 = 22点。まだ感覚と着弾点が一致しない感じがあり微妙に外れる。

 2018/09/21のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒10(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(〇)
  15 + 6 = 21点。前回よりは感覚と着弾点が近づいたが、フロントサイトが見えにくい照準位置に苦戦中。

 まだヒットさせるのは難しいが、大きく外していないので状態としては悪くない。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2018年09月22日

自宅練習APS縮小プレート(2018/09/16・20)

 経験上軽いトリガーがマイナスに作用する縮小プレートです。

 2018/09/16のAPS縮小プレート

 8枚ヒット7枚外し。縮小プレートでは軽いトリガーのコントロールが縮小ブルズアイ以上に難しい。

 2018/09/20のAPS縮小プレート

 7枚ヒット8枚外し。トリガーコントロールが完璧だと感じた9枚目を外したことにショックを受ける。

 据銃、照準、トリガーコントロールの協調が崩れた状態を縮小プレートでは収束させることが難しい。気長に挑戦を続けるしかないのだろう。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2018年09月21日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2018/09/15・19)

 ステンレスシアーによるトリガープルの軽さに苦しむ縮小ブルズアイです。

 2018/09/15の縮小ブルズアイ

 43-2X + 48-1X = 91-3X。1的目で2発、2的目で1発のミスが出ています。トリガーの感覚がイマイチ掴めません。

 2018/09/19の縮小ブルズアイ

 48-3X + 50-3X = 98-6X。前回より明らかにコントロールできている感じです。

 徐々にトリガープルの軽さに適応できそうな感触が出てきました。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2018年09月17日

自宅練習ひたすらAPS縮小ブルズアイ(2018/09/14)

 2ヶ月も休止していた自宅練習を再開しました。

 今期の自宅練習用APS-3LE2012

 4.5㎜のアルミフロントサイトとアルミ削り出しワンピーストリガーに加え蔵前工房舎のステンレスシアーA/Bを装着しました。ステンレスシアーにより軽くなったトリガープルに少しでも慣れるため再開する自宅練習は、ひたすらAPS縮小ブルズアイ28発からです。

 2018/09/14 ひたすらAPS縮小ブルズアイ

 結果は280点中262点8X。0点と5点なし、8点9発の失点。右上から横方向に折り返して撃ちましたが、LE2011より軽いトリガープルをコントロールするのは難しく納得できたのは3発程度しかありません。

 次回は通常のブルズアイから自宅練習を行いますが、軽いトリガープルに慣れるのには苦労しそうです。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)自宅練習

2018年07月27日

第28期 自宅練習APS縮小シルエットのスコア推移

 最後は第28期の自宅練習縮小シルエット。

第28期 APS縮小シルエットのスコア推移グラフ

 縮小シルエット自宅練習使用銃の変遷
 2017/09/12 ~ 09/28 LE2011(LE2013のアウターバレルとウッドグリップを装着)
 2017/10/04 ~ 2018/01/03 LE2015-11HYBRID(シリンダーはLE2015、その他はLE2011)
 2018/01/14 ~ 06/05 LE2015(オリジナルのLE2015にLE2013のスタビライザーボディを装着)
 2016/06/09 ~ 07/12 LE2012(LE2012でトリガーを複数試す)

 2017/09/12 ~ 2018/07/12の期間に縮小シルエット練習を68回実施。

 スコアの最低0点、最高40点、平均は23.9点と昨年より1.1点アップしています。第28回本大会のシルエット・スコアは前年より14点もダウンの24点でした、

 第28期の縮小シルエットでは初めて満射することができました。しかし、本大会直近では落ち込み、本大会も落ち込んだ結果に終わっています。縮小ブルズアイや縮小プレートに較べ練習効果には疑問が残る縮小シルエットですが、結果を見る限り無意味ではなさそうです。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2018年07月26日

第28期 自宅練習APS縮小プレートのスコア推移

 第28期の自宅練習縮小プレートです。

第28期 APS縮小プレートのスコア推移グラフ

 自宅練習縮小プレート自宅練習使用銃の変遷
 2017/09/11 ~ 10/01 LE2011(LE2013のアウターバレルとウッドグリップを装着)
 2017/10/07 ~ 2018/01/02 LE2015-11HYBRID(シリンダーはLE2015、その他はLE2011)
 2018/01/13 ~ 06/04 LE2015(オリジナルのLE2015にLE2013のスタビライザーボディを装着)
 2016/06/08 ~ 07/11 LE2012(LE2012でトリガーを複数試す)

 2017/09/11 ~ 2018/07/11の期間に縮小プレート練習を68回実施。

 スコアの最低24点、最高56点、平均は38.6点で昨年より0.4点のダウンでした。第28回本大会のプレートのスコアは前年より4点ダウンの48点です。

 縮小プレートは第28期の自宅練習では一度も満射することができませんでした。それ故に難易度が高く効果がある練習方法だと自負しています。問題は本大会直近が不安定に陥ったこと。結局トリガーをノーマルに戻すことで本大会に対処。カスタムトリガーを使いこなせず残念な第28期でした。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2018年07月25日

第28期 自宅練習APS縮小ブルズアイのスコア推移

 第28期の自宅練習は、第27回本大会終了から1ヶ月半程度経過した2017/09/09からスタートし、第28回本大会の2日前まで行いました。その推移をグラフで示し第28期の自宅練習を振り返ります。最初は縮小ブルズアイからです。

第28期 APS縮小ブルズアイのスコア推移グラフ

 APS縮小ブルズアイ自宅練習使用銃の変遷
 2017/09/09 ~ 09/30 LE2011(LE2013のアウターバレルとウッドグリップを装着)
 2017/10/05 ~ 2018/01/01 LE2015-11HYBRID(シリンダーはLE2015、その他はLE2011)
 2018/01/12 ~ 05/31 LE2015(オリジナルのLE2015にLE2013のスタビライザーボディを装着)
 2016/06/07 ~ 07/10 LE2012(LE2012でトリガーを複数試す)

 2017/09/09 ~ 2018/07/10の期間に縮小ブルズアイ練習を70回実施。

 スコアの最低78点、最高100点、平均92.7点です。第27期より平均点が0.8点ダウン、それでも第28回本大会のブルズアイのスコアは第27期より8点上がった98点でした。

 第28期の自宅練習も使用銃を何度も変える試行錯誤が続いています。銃の状態悪化やセッティング変更で大きく落ち込むことが何度か発生しました。第29期の自宅練習はもう少し安定させたい。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)自宅練習

2018年06月27日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/06/20・24)

 トリガー変更の影響は少ないが無くはない縮小シルエットです。

 2018/06/20のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒10(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(〇)
  15 + 6 = 21点。全体的に低めの着弾傾向でした。

 2018/06/24のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒09(〇)
  0 + 11 = 11点。左右に外れるのを修正すると下側に外すという着弾傾向の変化に対応できませんでした。

 トリガー変更の影響は少ないと思ってましたが着弾が下がる傾向になったようです。狙点を見直す必要があります。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2018年06月26日

自宅練習APS縮小プレート(2018/06/19・23)

 トリガー変更の影響が最も顕著な縮小プレートです。

 2018/06/19のAPS縮小プレート

 9枚ヒット6枚外し。右から2列目と5列目が左にズレてしまう現象が顕著に出ました。トリガーは扱い易いが少々近過ぎたようです。

 2018/06/23のAPS縮小プレート

 6枚ヒット9枚外し。トリガーシューを下側に下げたことでトリガータッチに迷いがあり下段・中段は左右が安定せず。それとは別に着弾が下側になった。

 プレートはトリガーセッティングを変えると習熟時間が必要なので結果の悪さは気にしない。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2018年06月25日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2018/06/17・22)

 トリガーを変更し試行が続く縮小ブルズアイです。

 試合用LE2011に準じて自宅練習用LE2012のトリガーも変更しました。

 チルト対応加工を施したトリガーコネクターに変えてトリガーシューの角度を変えています。

 2018/06/17の縮小ブルズアイ

 48-1X + 40-2X = 88-3X。トリガーストローク調整スクリューを締め過ぎてファーストステージがほとんど無く2的目の2発目が暴発的な発射になり11時0点になりました。

 2018/06/22の縮小ブルズアイ


 45-1X + 50-3X = 95-4X。トリガーセッティングの自由度を高めるためリアトリガーガードを外し、トリガー位置を調整した1的目は少々左右に散りました。更にトリガー位置を調整して2的目を撃ち良い感じになっています。

 リアトリガーガードを外してトリガー調整の自由度を高めたことは正解ですが、リアトリガーガードが無いのは安全上及び精神衛生上良くないので薄いリアトリガーガードの作成を検討します。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)自宅練習

2018年06月17日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/06/09・14)

 シングルハンドでのトリガー引きブレを抑えたい縮小シルエットです。

 2018/06/09のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(〇)
  11 + 6 = 17点。LE2015と同じようなサイトセッティングになっていないLE2012では狙点が判らず外してしまいます。

 2018/06/14のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(〇)
  11 + 15 = 29点。トリガーストロークを極力短くしてのシルエットです。8mの上側着弾に悩みます。

 トリガーストロークを詰めてもまだトリガーが遠い。フレームを削ってトリガーコネクターの干渉を無くしトリガーを近づけないとダメなのだろうか。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)自宅練習

2018年06月16日

自宅練習APS縮小プレート(2018/06/08・13)

 トリガータッチが異なるLE2012での縮小プレートです。

 2018/06/08のAPS縮小プレート

 13枚ヒット2枚外し。スパッとしたキレが無いものの軽いトリガープルにより大きな引きブレが生じません。LE2015とは明らかに異なる傾向になりました。

 2018/06/13のAPS縮小プレート

 7枚ヒット8枚外し。前回とは打って変わって酷い結果に。原因はトリガーの軽さ故にセカンドステージ直前状態をキープできず照準前に弾が発射されることです。

 じっくり撃てるブルズアイならコントロールできていたLE2012のトリガーですが、プレートだと少々難しい。若干トリガーセッティングに違和感があるので見直して様子を見ます。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)自宅練習

2018年06月15日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2018/06/07・12)

 縮小ブルズアイです。

 自宅練習用をLE2015からLE2012に換えています。

 2018/06/07の縮小ブルズアイ

 48-3X + 39-0X = 87-3X。1的目は高めの狙点で撃ち、2的目はフロントサイトの左右と黒丸との間隔が等距離な狙点で撃ちました。撃ち終わった後、サイトを3クリック程度UPしています。

 2018/06/12の縮小ブルズアイ

 46-2X + 50-4X = 96-6X。1的目はトリガーの感触を掴みきれず。2的目はトリガーの微妙な感触を把握しつつあると感じられました。

 ステンレスシアーのLE2011のような切れがない亜鉛ダイキャストシアーのLE2012ですが、徐々に感覚を取り戻しつつあり今後良くなることを期待したい。  

Posted by MAGI at 00:20Comments(0)自宅練習

2018年06月11日

自宅練習用をLE2015からLE2012に変更

 昨年10月から自宅練習用にLE2015を使ってきましたが、このところトリガーが重くなってきたと感じ引きブレが多発するので自宅練習用をLE2015からLE2012に変更することにしました。

 基準になるLE2011の現在の重量

 983gです。

 LE2015の現在の重量

 983gといつの間にかLE2011と同じ重量になっていました。

 購入時の仕様に戻したLE2012の重量

 989gでLE2011・LE2012より若干重い程度です。

 LE2015からフロントサイトとトリガーをLE2012に移し替えます。

 フロントサイトの後ろに貼ってあるアルミ板は写真を撮った後に剥がしました。そして、グリップレストの位置をLE2011と同じ位置に調整。

 フロントサイトとトリガーをLE2011と同じ仕様にしたLE2012の重量

 985gと4g軽くなりLE2011との重量差は2gまで縮小しました。2gの差なら気になりません。

 肝心のトリガープルですが、昨年2月ばね計りで簡易計測したときは、
・LE2011 500g
・LE2015 400g
・LE2012 500g
 程度だったのが今回再計測したら
・LE2011 400g
・LE2015 600g
・LE2012 300g
 程度に変化していました。LE2015のトリガーが重くなったと感じたのは正しかったようです。トラブルが多いLE2015は一旦使うのを止め、トリガータッチは異なるが軽いトリガープルのLE2012を今後は自宅練習用として使います。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習

2018年06月10日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/05/30・06/05)

 フロントサイトの仕様が確定したので安定させたい縮小シルエットです。

 2018/05/30のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
  18 + 18 = 36点。全く異なる実際のシルエットと縮小シルエットが似たような結果になってきたのは嬉しい。

 2018/06/05のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒10(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒10(×)
  15 + 9 = 24点。10mの小さなターゲットでは慎重にトリガーを引きますがトリガーが重く引きブレてしまいます。

 縮小プレートでも感じたLE2015のトリガーが重くなっていることは縮小シルエットでも問題になりました。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)自宅練習

2018年06月09日

自宅練習APS縮小プレート(2018/05/29・06/04)

 10枚前後ヒットの状態から脱却できない縮小プレートです。

 2018/05/29のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。10枚目までどうにもトリガーを上手くコントロールできず不安定でしたが、11枚目から感覚を取り戻しました。

 2018/06/04のAPS縮小プレート

 9枚ヒット6枚外し。イマイチな状態ですが、1時方向に大きく外しているのは6時照準からセンター照準に腕を上げて高さを修正しようとした場合だと判明。高さ修正は腰で調整しなければなりません。

 自宅練習用LE2015のトリガープルが重いと感じ始めています。試合用LE2011との差が大きくなっているので何からの対策を考えたい。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2018年06月04日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2018/05/27・31)

 2月から始めたフロントサイトの改良が完成した縮小ブルズアイです。

 LE2011に合わせLE2015のフロントサイトも作り直しました。

 4.8mm幅の樹脂フロントサイトの上に2.2mm幅のアルミ板を貼り周囲に瞬間接着剤を流して固定しています。

 2018/05/27の縮小ブルズアイ

 46-1X + 50-3X = 96-4X。1的目で同じ2時方向に2発外したのはトリガーの引きブレだろうと思います。

 2018/05/31の縮小ブルズアイ

 48-3X + 48-3X = 96-6X。初弾から3連続でXへ着弾したものの4発目が電車の騒音で集中を乱され3時方向へ、5発目も少しミスして9時方向になる。2的目は照準の高さに迷い6発目が下側に着弾した。

 フロントサイトに関しては今回の形で完成です。ストロークが少しだけ長くなったトリガーにも慣れてきて満足できる銃セッティングになりました。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2018年05月28日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/05/22・26)

 縮小シルエットです。

 2018/05/22のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒07(〇)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
  18 + 18 = 36点。初弾のみ下側に外しましたが、その後は修正し悪くない内容です。

 2018/05/26のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)⇒06(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(×)
  18 + 11 = 29点。ダブルハンドで撃つスタンディングは問題なかったが、シングルハンドで撃つプローンはトリガーのファーストステージがほぼゼロになっていたことでコントロールが良くなかった。

 トリガーストローク調整スクリューを締め過ぎファーストステージが無くなってました。それにより上手くトリガーコントロールができなくなったので、5/26の練習後にストローク調整スクリューを少しだけ緩めています。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2018年05月27日

自宅練習APS縮小プレート(2018/05/21・25)

 LE2011による実機プレートは好調ながらLE2015による縮小プレートは不調が続きます。

 2018/05/21のAPS縮小プレート

 8枚ヒット7枚外し。7枚も外したことより納得できる射撃が1発もなかったことが問題です。11枚目を大きく外しているのはトリガーに障害が発生したことによります。

 2018/05/25のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。シアー部へのシリコンオイル吹きによりトリガー異常は解消されヒット数が増えた。しかし、ターゲットにピントが合って照準エラーが多い。

 トリガー異常という問題が解消してもサイトにピントを合わせられないという問題が顕在化し簡単には不調を改善することができません。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2018年05月26日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2018/05/20・23)

 自宅練習用LE2015で不可解な問題が発生した縮小ブルズアイです。

 LE2015のトリガー前後位置をLE2011に合わせ最後端にしようとしましたが問題が発生。LE2015ではフリーダム・アート製トリガーセットのトリガーコネクターを最後端にセットするとフレームと干渉しシアーが落ちない。暫定的に最後端より0.数ミリ前側にセットしました。

 左が調整後、右が調整前のトリガーセット位置。

 2018/05/20の縮小ブルズアイ

 38-2X + 46-1X = 82-3X。初弾が2時8点、次弾はXに入ったが、3発目はトリガープルが異常で大きく引きブレして12時0点でした。その後、再発はしませんでしたが、まだトリガーに問題がありそうな感じです。

 2018/05/23の縮小ブルズアイ

 40-3X + 38-2X = 78-5X。初弾と7発目でトリガーの引きブレが発生。やはりトリガーが異常のようでオイル切れを疑う。

 後日シアー部へシリコンオイルスプレーを吹いたらトリガー異常が解消した模様。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2018年05月20日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/05/15・17)

 トリガー変更で引きブレが少なくなった縮小シルエットです。

 2018/05/15のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(〇)⇒07(×)
  15 + 15 = 30点。10mだけが右寄りで、それ以外は左寄りの着弾傾向でした。

 2018/05/17のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)⇒06(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)⇒07(〇)
  20 + 18 = 38点。縮小シルエット初の満射達成できるかと思ったが、プローン7mで痛恨のミス。

 満射一歩手前まで行ったのでトリガー変更は正解でした。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)自宅練習

2018年05月19日

自宅練習APS縮小プレート(2018/05/13・17)

 トリガー変更の影響を最も受ける縮小プレートです。

 2018/05/13のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。トリガー変更により下段・中段は不安定だったが上段で安定するようになった。

 2018/05/17のAPS縮小プレート

 9枚ヒット6枚外し。トリガーの引きブレは左右方向は無いが上方向には2回発生した。外しているのは停止位置が悪かったことによります。

 プレートを撃つとブルズアイでは感じないトリガーが少し遠いという印象を持ちます。今後微調整を行うかもしれません。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習

2018年05月18日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2018/05/12・16)

 ショートトリガーを止めた縮小ブルズアイです。

 2018/05/12の縮小ブルズアイ

 50-2X + 50-1X = 100-3X。ショートトリガーからノーマルトリガーに戻しました。結果、着弾バラツキはあるものの、トリガーシュー交換によるフラシーボ効果もあり久々の満射になりました。

 2018/05/16の縮小ブルズアイ

 50-4X + 48-2X = 98-6X。ノーマルトリガーからフリーダム・アートのトリガーコネクター+フルアジャスタブルトリガーシューの組み合わせに変更。初弾のみトリガーシューが下方にあるセッティングで撃ち、2発目以降はトリガーシューを上げたセッティングで撃ち最終弾を据銃力不足で外しました。

 ショートトリガーから通常のトリガーに戻したことでトリガープルは軽くなり引きブレは軽減できたと思います。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)自宅練習

2018年05月14日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/05/07・11)

 ダブルハンドがイマイチな縮小シルエットです。

 2018/05/07のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒10(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)⇒06(×)
  11 + 18 = 29点。トリガーの引きブレによるミスが多い。

 2018/05/11のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(×)⇒08(×)
  18 + 11 = 29点。大きなトリガーの引きブレはないが、小さな引きブレは発生していると感じています。

 据銃力不足とトリガーの引きブレで外している状況です。両方が連動している感じなので、先ずは引きブレを無くすことを考えたい。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)自宅練習

2018年05月13日

自宅練習APS縮小プレート(2018/05/06・11)

 連続ミスを減らしたい縮小プレートです。

 2018/05/06のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。10枚目は照準エラー、13~14枚目は引きブレ、最後も照準エラーで外しています。まだまだセンター付近の照準には慣れません。

 2018/05/11のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。トリガーの引きブレはなかったものの納得できるのは13枚目のみで微妙な結果でした。

 センター付近のクリーンヒット数を増やすにはどうすれば良いか?答えは判らないので試行錯誤を続けるしかありません。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)自宅練習

2018年05月12日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2018/05/05・08)

 未だ満射には至らない縮小ブルズアイです。

 2018/05/05の縮小ブルズアイ

 45-1X + 46-2X = 91-3X。初弾は10点に入ったが、2発目を引きブレし5点。2的目はピントがターゲットに行き照準エラーで2発外しました。フロントサイト上のアルミ板が剥がれていたことでフロントサイトからターゲットの黒丸の方を自然に注目してしまいます。

 2018/05/08の縮小ブルズアイ

 48-1X + 48-2X = 96-3X。1的目は上方への着弾。2的目は狙点を探りながら撃ち、どちらもトリガーの引きブレを抑えることができた。

 7回連続で続いてきた1的目か2的目のどちらか一方が50点になる記録が途切れてしまった。仕切り直して再度それを続けたい。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)自宅練習

2018年05月09日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/04/30・05/03)

 効果的なフロントサイトにより流れを変えたい悩める縮小シルエットです。

 2018/04/30のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(×)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
  11 + 18 = 29点。2.2㎜幅のアルミ板を貼った4.8m幅のフロントサイトにより照準は良好になっていますが、トリガーの引きブレにより右側に外しました。

 2018/05/03のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(〇)
  15 + 15 = 30点。ダブルハンドのスタンディングでは左上、シングルハンドのプローンでは右上にトリガーの引きブレで外しています。

 4.8m幅のフロントサイトに2.3mm幅のアルミ板を貼ったものが良い感じなので今後はこれを使います。問題はショート・トリガーシューで引きブレが多くなっていることです。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2018年05月08日

自宅練習APS縮小プレート(2018/04/28・05/02)

 少し前は感覚は悪くないが結果が伴わない状態だったが、感覚も結果も悪い状態に陥った縮小プレートです。

 2018/04/28のAPS縮小プレート

 8枚ヒット7枚外し。フロントサイト変更の影響ではなく単純にプレートが調子悪い。

 2018/05/02のAPS縮小プレート

 9枚ヒット6枚外し。振り上げ方法を色々と試行しているがベストな方法が見つからない。

 調子が悪い状況ですが狙点を6時からプレートセンター付近に上げる必要もあり色々と難しくなりました。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2018年05月07日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2018/04/26・05/01)

 フロントサイトの小細工が続く縮小ブルズアイです。

 今回は4.8mm幅の樹脂フロントサイトの上に2.3mm幅のアルミ板を貼ってみました。

 サイトの黒い部分とアルミ部分に明確な幅の差を作っています。

 2018/04/26の縮小ブルズアイ

 37-0X + 50-2X = 87-2X。初弾はトリガー引きブレで3時8点。その後は上方着弾が続き狙点を下げたら下方に着弾した。2的目は狙点の修正により10点内をキープ。

 2018/05/01の縮小ブルズアイ

 48-3X + 50-3X = 98-6X。初弾が10点に入らず満射にできない。

 初弾をミスする傾向が続いているように感じます。APSは直前の練習ができない競技なので初弾の重要性が高い。次回からは慎重に初弾を撃ちたい。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2018年04月27日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/04/16・22)

 フロントサイトの小細工で想定される効果が得られずに悩める縮小シルエットです。

 2018/04/16のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
  5 + 0 = 5点。アルミ板を上面に貼ったフロントサイトが肝心のシルエットで不調に終わりました。

 2018/04/22のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
  0 + 0 = 0点。上下が合えば左右に外し、左右が合えば上下に外す。どうにもならない状態でした。

 実際のシルエットでは効果が得られているアルミ板を貼ったフロントサイトですが、紙的の縮小シルエットでは逆効果にもなっています。このままでは使えないので更に試行錯誤を続けたい。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習