2017年04月29日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/04/22・26)

 どうしても左右バラツキを小さくできない縮小シルエットです。

 2017/04/22のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(×)
  5 + 11 = 16点。コントラストが低い方のターゲットではスタンディング10mが全く定まりません。

 2017/04/26のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)⇒06(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
  20 + 0 = 20点。ダブルハンドのスタンディングはほぼ同じ高さに着弾しましたが、シングルハンドのプローンは右上着弾傾向から抜けられません。

 自宅練習縮小シルエットは実際のシルエットよりサイトアライメントもターゲットとのアライメントも難しい。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2017年04月28日

自宅練習APS縮小プレート(2017/04/20・25)

 着弾痕が小さくなりより難易度が増した印象の縮小プレートです。

 2017/04/20のAPS縮小プレート

 7枚ヒット8枚外し。下段からバラツキが大きく縮小プレートの難しさにやられました。ポリカ板使用により着弾痕が小さくなっていることもあり従来はヒット判定していたものも外れになってしまいます。

 2017/04/25のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。実際のプレートなら12~13枚ヒットになるレベルですが、15発中1発も納得できる射撃ができていないのでダメな状態です。

 リアクションが全くないことにまだ慣れませんが、着弾を追わずサイトアライメントへの集中に専念したいと思います。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年04月27日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/04/19・24)

 ミスでターゲットが変わってしまった縮小ブルズアイです。

 2017/04/19の縮小ブルズアイ

 48-3X + 46-2X = 94-5X。撃つ直前になってターゲットペーパーの選択を間違え白マルだったことに気づきました。よく見えず狙い難い感じですがあと2回は白マルを使います。

 2017/04/24の縮小ブルズアイ

 43-3X + 50-2X = 93-5X。自宅では物凄く視認性が悪い白マルのターゲットで1的目は苦労し1発は1時5点になりました。

 次回で白マルのターゲットを使い切ったら黒マルに戻します。相変わらず右上方向へ外す傾向が変わりません。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年04月24日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/04/13・18)

 正確な照準がなかなか難しい縮小シルエットです。

 2017/04/13のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒10(〇)
  5 + 11 = 16点。平面の縮小ターゲットだと、どうしても照準が微妙にズレて外してしまいます。

 2017/04/16のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)⇒07(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)
  18 + 15 = 33点。やっとのことでポリカ板プレートを使った縮小シルエットで30点越えです。

 ポリカ板プレートを使うようになり正確な着弾判定が可能になったことで、縮小ターゲットであってもある程度の練習効果を期待しています。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2017年04月23日

自宅練習APS縮小プレート(2017/04/12・16)

 実際のAPSプレートより難しい縮小プレートです。

 2017/04/12のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。大きく外したのは15発目のみでした。プレートセンター付近への着弾でないと撃っているときにヒット判定ができません。それが今までにないプレッシャーを生んでいます。

 2017/04/18のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。納得できたのは15発中3発しかなく残念でした。右上は紙が剥がれたまま撃ったので着弾で穴が開いています。

 ポリカ板使用で紙が破れなくなったことで撃っているときは全くターゲット側のリアクションがありません。そのため納得できる射撃ができなかった場合は全て外している感覚になってしまいます。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年04月22日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/04/11・15)

 同じミスから抜けられない縮小ブルズアイです。

 2017/04/11の縮小ブルズアイ

 43-2X + 50-3X = 93-5X。1的目はどうしてもトリガーミスが出てしまいます。

 2017/04/15の縮小ブルズアイ

 48-2X + 46-1X = 94-3X。3発が1時2時方向になりました。トリガーの引きブレが最も大きな要因です。

 APS-3LE2012のトリガーに苦戦が続いています。現行APS-3ORとの微妙な違いを乗り越えるのは簡単ではありません。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年04月14日

縮小プレート・シルエットターゲット更新 その1

 APS縮小ブルズアイはポリカ板をターゲットプレートにした方式に完全移行し正確な着弾位置が判るようになりました。縮小プレート・シルエットに対しても同様な方式に移行すべく試行錯誤を続けています。

 従来方式

 ターゲットペーパーにBB弾を貫通させる方式です。きれいな着弾痕は期待できず正確な着弾判定ができていませんでした。

 ポリカ板をターゲットプレートにした第1弾

 手持ちのクリップ3個でターゲットペーパーを留めました。BB弾着弾により紙が破れ失敗です。

 ポリカ板をターゲットプレートにした第2弾

 ターゲットペーパーを留めるクリップを4個にしましたが、BBの着弾ショックで緩み失敗です。

 ポリカ板の養成シートを剥がした第3弾

 ポリカ板の両面に養成シートが貼ってあったので片面のシートを剥がしターゲットペーパーとの間に隙間が生じ難くしたもの。半数程度は着弾で紙が破けています。

 ポリカ板・ターゲットペーパー・ビニールシートの3層構造にした第4弾

 ひたすらブルズアイように表面をビニールシートで覆った形です。上側は良好ながら下側は紙が破れました。

 ポリカ板・ターゲットペーパー・ビニールシートの3層構造でクリップ位置を変えた第5弾

 下側のみクリップで留めました。上段と下段は良好ですが、中段で紙が破れています。中段のビニールシートが被弾で破れ空気が入り隙間が生じたことが原因です。

 ビニールシートを止めポリカ板にターゲットペーパーをのりスプレーで貼った第6弾

 遂に紙を破かず全ての着弾痕がきれいな形で残るようになりました。のりスプレーは100円ショップで購入したもの。

 貼ったり剥がしたりできる低粘着のりスプレーです。今後は3Mのスプレーのリ55等も試したいと思っています。

 きれいな着弾痕を残し正確な着弾判定は可能になりました。しかし、現時点ではBB弾受けの食卓カバーへのBB弾回収率が良くない問題が解消されていません。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)自宅練習

2017年04月13日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/04/06・10)

 縮小プレート同様にターゲットの問題で試行錯誤を続けている縮小シルエットです。

 2017/04/06のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒09(×)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
  7 + 11 = 18点。練習の結果は不調ですが、ポリカ板・ターゲットペーパー・ビニールシートの3層構造で10発全ての着弾痕を紙を破かず付けることに初めて成功しました。

 2017/04/10のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
  15 + 11 = 26点。縮小シルエットもビニールシートなしで10発全て紙を破かず着弾痕を残せることに成功しました。相変わらずターゲットが大きくなる7mを外してしまいます。

 ビニールシートなしで紙を破かず着弾痕を付けることが可能になりましたが、BB弾回収率が30%程度と低い状態が続いています。これを解消するのは簡単ではありません。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)自宅練習

2017年04月12日

自宅練習APS縮小プレート(2017/04/05・09)

 ポリカ板・ターゲットペーパー・ビニールシートの3層構造にした縮小プレートです。

 2017/04/05のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。中段の3発のみ紙が破れましたが、残りの12発は紙が破れずきれいな着弾痕が残りました。中段部分はビニールシートが破れているのが原因と思われます。

 2017/04/09のAPS縮小プレート

 8枚ヒット7枚外し。ビニールシートを止め別の方法で紙を一切破らず15発全ての着弾痕を残すことに成功しましたが、撃っているときは着弾位置が判らずヒット判定できない問題で少々悩みます。

 縮小ブルズアイよりも様々な方法を試行錯誤しています。BB弾回収率アップとヒット判定が判らない問題を解決することに気を取られ練習に集中できていませんが、しばらくは我慢です。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)自宅練習

2017年04月11日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/04/04・08)

 ターゲットプレートの固定方法で未だに試行錯誤を続けている縮小ブルズアイです。

 2017/04/04の縮小ブルズアイ

 48-2X + 43-1X = 91-3X。前日の平日無料練習会では2回も満射しましたが、自宅練習用APS-3LE2012では狙点とトリガーフィーリングの違いから満射は簡単ではありません。

 2017/04/08の縮小ブルズアイ

 40-2X + 45-3X = 85-5X。同じミスを2回繰り返しました。トリガーの引きブレです。

 ターゲットプレートの固定を強固にするとBB弾受けの食卓カバー内への回収率が低下します。逆に固定を弱くするとターゲットプレートが撃っている途中でズレる問題が発生。固定強度とBB弾回収の両立を目指し試行錯誤は続きます。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習

2017年04月04日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/03/29・04/02)

 遂に旧型のターゲットペーパーを使い切るに到った縮小シルエットです。

 2017/03/29のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(〇)
  0 + 6 = 6点。ポリカ板ターゲットプレートの評価を続けています。今回も着弾での破れが生じたので改善が必要です。練習の結果は極めて良くないものの、この日で端が照準し辛い旧型ターゲットペーパーを使い切りました。

 2017/04/02のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒08(〇)⇒09(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
  15 + 0 = 15点。新型のターゲットペーパーをビニールシートで覆った形式を試しました。スタンディング4発目の9mを左下に外した着弾でビニールシートが破れました。その影響もあってかプローンではビニールシートが浮いて着弾痕が不鮮明になっています。

 ターゲットの見直しを進めているのでターゲットの状態に意識が行き練習が疎かになっています。効果的な練習ができるようになるまで、今しばらくは試行錯誤が続くでしょう。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2017年04月03日

自宅練習APS縮小プレート(2017/03/28・04/01)

 縮小ブルズアイに続きポリカ板を使った方式に移行したい縮小プレートです。

 2017/03/28のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。縮小シルエットに続きポリカ板をターゲットプレートにした方式を試しました。紙の密着性が悪く15枚中13枚のプレートが着弾で穴が開いてしまい微妙な結果に。

 2017/04/01のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。ポリカ板に両サイドをクリップで留めるためプレートピッチを少し詰め左右に余白を増やしたターゲット原紙に更新。紙が破れないと撃っている位置からヒット判定が難しくなっていること、跳弾の回収率が悪くなっていることが気になります。それにより集中が削がれて4連続でミスしました。

 A4サイズの紙だと、どうしてもポリカ版との間に隙間で生じて着弾で紙が破れる所が出ます。ひたすらブルズアイのように表面をビニールシートで被う必要があるようです。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年04月02日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/03/27・31)

 今回から自宅練習APS縮小ブルズアイを新方式のターゲットに移行しています。

 2017/03/27の縮小ブルズアイ

 50-2X + 50-3X = 100-5X。ターゲットプレートにポリカ板を使った新方式で最初の縮小ブルズアイは満射と幸先のよいスタートを切れました。

  2017/03/31の縮小ブルズアイ

 48-2X + 50-2X = 98-4X。満射連続はならず。どうもトリガー引きブレ傾向があるようです。

 写真の着弾位置を顕在化したいもののベストなライティング方法が解りません。今後も色々試したいと思います。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年03月30日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/03/21・25)

 まだ旧タイプのターゲットペーパーが無くならない縮小シルエットです。

 2017/03/21のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒09(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
  11 + 11 = 22点。スタンディング初弾の10mは左側に外れ、9mは上下に外れています。シングルハンドで撃つプローンは10mが左側、9mが右側と左右方向にふらつきました。

 2017/03/26のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
  15 + 11 = 26点。試験的にポリカ板を裏面に配置しBB弾がターゲットを貫通しない形で撃ちました。結果はこれまでと変わった印象はなく、この形でも練習に使えそうです。しかし、ターゲットペーパーの固定が甘く着弾で破れているものもありました。

 縮小ブルズアイのように紙のサイズが大きいことでポリカ板への密着性を高め固定する方法が確立されていない懸念はありますが、今後はポリカ版を使ったターゲットへの移行を縮小シルエットや縮小プレートでも行いたいと考えています。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)自宅練習

2017年03月29日

自宅練習APS縮小プレート(2017/03/20・23)

 じわじわでも調子を上げたい縮小プレートです。

 2017/03/20のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。10枚目をトリガー引きブレで盛大に外し、それに動揺して11枚目も連続でミスしました。ミスもありますが狙い通りに着弾させているのも確実に出てきています。

 2017/03/23のAPS縮小プレート

 13枚ヒット2枚外し。満足はできないものの比較的コントロールができている印象があります。

 どうすれば右上に外すミスを出さないようにできるか。これが今後のカギなのでしょう。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2017年03月28日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/03/19・22)

 ターゲット劣化・損傷で視認性が悪くなった縮小ブルズアイです。

 2017/03/19の縮小ブルズアイ

 48 + 45 = 93点。粘着シートが縮小ブルズアイターゲットを保持できなくなったので、ターゲットの位置を一つ右側へ移動し中央に変更。結果左右には外していませんが、上側に外してしています。

 2017/03/22の縮小ブルズアイ

 48 + 50 = 98点。このターゲットでの縮小ブルズアイは今回で最後にしようと思ってました。残念ながら最後を満射で終えることはできず。

 この形の縮小ブルズアイを始めたのは2015/06/22からです。2017/03/22を以って、この型での縮小ブルズアイは終了です。今後は80%サイズ縮小ブルズアイターゲットを用いた自宅練習縮小ブルズアイに移行します。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年03月27日

縮小ブルズアイターゲット更新検討 その6

 縮小ブルズアイターゲットプレートにポリカ板を使用したテストです。

 セットしたのは黒丸の縮小ブルズアイターゲット。

 取付方法は前回と同じです。

 今回は透明梱包シールをペーパーターゲットの前面に貼っていません。

 5発の試射を行いました。

 4.2mの距離から東京マルイのパーフェクトヒット0.2gBB弾を撃っています。

 5発全弾の回収に成功。

 黒くなっているBB弾は縮小ブルズアイペーパーターゲットの黒丸にヒットし転写されたものだと思います。

 ポリカ板のターゲットプレートでは、前面に透明梱包テープを貼らなくても着弾で紙が破れていません。

 着弾痕は小さくてもきれいな形状を保っています。

 今回の方法が現時点でベストな方法だと感じました。今後はポリカ版をターゲットプレートにした縮小ブルズアイターゲットを使った練習にシフトします。しかし、80%サイズ縮小ブルズアイペーパーターゲットのデザインはもう少し見直しが必要です。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年03月25日

縮小ブルズアイターゲット更新検討 その5

 ブルズアイターゲットプレート前傾方法を見直し再確認を行いました。。

 白丸の縮小ブルズアイターゲットペーパーをセット。

 ターゲットプレートを前傾させるのにマグネットクリップを使用。

 マグネットクリップを前後逆に使うことでターゲットプレートが前傾しました。

 試射を行います。

 今回も5発撃ちました。

 その結果、5発中4発はBB弾受けの食卓カバー内に留まりました。

 残りの1発は食卓カバーから出てしまいます。

 ターゲットから跳ね返ったBB弾は食卓カバー内に全て落下したことは目視しています。

 1発のBB弾だけスピン状態で食卓カバー内の前側を登り外側に落下しました。ですが、この程度なら特に問題視することはありません。

 今回は縮小ブルズアイターゲットペーパー表面に透明梱包テープを貼っていたので着弾で破れていません。

 5発撃ったのに4発分の着弾痕しかありません。どれかが同弾になったようですが、裏面から見ても良く判らず。珍しいケースです。

 これはこれで悪くないものの、着弾痕が重なり判り難い状態になりました。そこで着弾痕が小さくなるポリカ板も試してみようと思います。  

Posted by MAGI at 00:44Comments(0)自宅練習

2017年03月24日

縮小ブルズアイターゲット更新検討 その4

 自宅練習用縮小ブルズアイターゲットとしてプロキャッチターゲット利用とは別に、公式ブルズアイターゲットプレートに縮小ブルズアイターゲットを使う方式も試します。

 80%サイズの縮小ブルズアイターゲットペーパーをターゲットプレートに貼ったものです。

 部屋の中ではBB弾の跳弾は困るので、ターゲットプレートを前傾させ下側に落ちるようなコントロールを試みます。

 ターゲットプレートはフックを針金で釣って裏面から引き上げることで前傾させました。

 そして通常横長方向にしているBB弾受けの食卓カバーを縦長方向にしてBB弾を回収します。

 5発の試射を行いました。

 結果、BB弾受けの食卓カバー内に5発全てが回収されています。

 毎回こうなるとは限りませんが、撃った自分の方まで跳ね返ることは無いようです。

 縮小ペーパーターゲットは着弾で破れました。

 この状態では着弾位置が判り難いので透明テープを表面に貼り破れを防止する必要があります。

 プロキャッチターゲットを使う方式より、この方式の方がコピーしたペーパーターゲットに透明テープを貼るだけなので低コスト運用が可能です。ターゲットプレート前傾方法に改良を加え再度の確認を行います。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2017年03月23日

縮小ブルズアイターゲット更新検討 その3

 縮小ブルズアイターゲットを70%から80%サイズに拡大したものを作成しました。

 約4.2mの距離から撃つので、このサイズで実際のAPSブルズアイターゲットと同じサイズ感になることを期待しています。

 70%と80%サイズ両方の縮小ブルズアイターゲットペーパーをラミネート加工します。

 キンコーズというセルフでコピーサービスができるところでラミネート加工を行いました。

 80%サイズの黒丸ターゲットペーパーをプロキャッチターゲットにセット。

 黒丸が大きくなったと感じます。

 試射してみると、50-3X + 50-3X = 100-6Xと70%より良好な結果に。

 4.2mの距離から撃つ縮小ブルズアイターゲットとして80%サイズが当然のように妥当であるとの結論に達します。

 試射後の縮小ターゲットペーパーを裏面から見ます。

 ラミネート加工した縮小ターゲットペーパーは1度の着弾で破れてはいませんが大きく凹んでいます。同じ場所に数発の着弾があれば破れることが予測される状態です。

 この結果から数回の練習毎にラミネート加工した縮小ターゲットペーパーの交換が必要になる可能性があります。また、4.2mの距離から撃つことはプロキャッチターゲットに対しても過酷で長期間の使用に耐えず1~2年で交換になるかもしれません。そのため別の方法も試します。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年03月22日

縮小ブルズアイターゲット更新検討 その2

 プロキャッチターゲット用の縮小ブルズアイターゲットペーパーを作成。

 プロキャッチターゲットに収まる143×143mmの正方形に70%サイズの縮小ブルズアイターゲットを5個入れてみました。黒丸と白丸の2種類を作成。

 プリントしてカットした紙をプロキャッチターゲットの粘着シートの後ろに挟みセットしてみました。

 試射を行いサイズ感を確認します。

 5発×2回の10発を撃ち36-0X + 50-2X = 86-2Xという結果に。

 ターゲットの視認性は良好ですが、70%サイズだとフロントサイトに対し黒丸が小さく最初の5発は狙いが定まりません。70%サイズは小さく適正ではないと感じました。

 判っていたことですが、だたのコピー用紙では着弾で簡単に破れました。

 コピー用紙が破れること自体に問題はありません。しかし、粘着シートに張り付いて剥がすのに苦労するので、ラミネート加工とターゲットサイズ変更後に再評価を行います。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年03月21日

縮小ブルズアイターゲット更新検討 その1

 自宅練習縮小ブルズアイで使用しているターゲットはピンポイントシューティング用に作った縮小プレートターゲットのプレートを外した穴を10点としているものです。2009年3月に行ったMDF板+EVAマット+PPシート+粘着シートの4層構造への改良から基本構造を変えずに使ってきましたが、さすがに8年も経過したので劣化が激しくなってきました。

 8年間使用による変化。

 左が8年前に改良した当初の状態。右が現在の状態。粘着シートの汚れ以上にPPシートは壊滅状態でEVAマットもボロボロです。背面のMDF板のみダメージが少ない状態になっています。

 このターゲットを修復することは可能ですが、競技に使われていない現状では必要ないと判断。新たに縮小ブルズアイ用のターゲットを作ることにしました。

 そのために前から用意していた東京マルイのプロキャッチターゲット。

 粘着シートでBB弾が跳ね返らないことを重視した選択です。これに縮小ブルズアイターゲットペーパー作成して使うことを想定しています。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2017年03月20日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/03/14・18)

 ターゲットの見え方の違いに追従できていない縮小シルエットです。

 2017/03/14のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
  0 + 18 = 18点。白っぽく見える方のターゲットでは、ダブルハンドで撃つスタンディングで上手く照準が決まらず。シングルハンドで撃つプローンの方は初弾をトリガーの引きブレで外した以外はまずまずです。

 2017/03/18のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒10(×)
  5 + 9 = 14点。ターゲットがよく見えていない状態だったので左右に散っています。10mは高さも合っていませんでした。

 端のターゲットが照準し難いのに加え眼の状態が良くないこともあり不調が続いています。ターゲットは現行の在庫がなくなることで解消し、眼の問題は新しい眼鏡を作ることで改善できますが経済事情が許さないので、もう少々時間を要するでしょう。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)自宅練習

2017年03月19日

自宅練習APS縮小プレート(2017/03/13・17)

 再度の満射達成が難しいと痛感している縮小プレートです。

 2017/03/13のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。初弾からバラツキが大きくなり苦しみましたが13枚目からはプレートセンターに着弾させることができました。

 2017/03/17のAPS縮小プレート

 12枚ヒット3枚外し。ヒット数としては前回より増えてますが、1発も納得できる射撃ができず不満が残ります。

 大きく外すことは減ったと思いますが、照準もトリガーワークも全然ダメな状態が続いています。腕だけで撃っている感覚で、もっと身体全体を使うことを意識しなければ。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習

2017年03月18日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/03/12・15)

 3月に入り不調が続く縮小ブルズアイです。

 2017/03/12の縮小ブルズアイ

 45 + 43 = 88点。大きなミスをしていないのに大きく外れる状態です。縮小ブルズアイターゲットの更新が必要になったと感じています。

 2017/03/15の縮小ブルズアイ

 35 + 46 = 81点。トリガーの引きブレより狙いが定まってないことでバラツキが大きくなっています。

 ターゲットが劣化してきたことで視認性が悪化してきました。穴の位置を変えて簡易補修しますが、平行して新たな縮小ブルズアイターゲットの検討も始める必要があります。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)自宅練習

2017年03月16日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/02/27・03/03・07・10)

 フロンティアAPS平日無料練習会などで練習効果を実感しつつある縮小シルエットです。

 2017/02/27のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)⇒07(〇)
  5 + 18 = 23点。スタンディング10mは照準が困難で全て左寄りでしたが、シングルハンドで撃つプローンの方は比較的良好でした。

 2017/03/03のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
  12 + 11 = 23点。上側着弾をサイト調整で直すことは縮小ブルズアイや縮小プレートのバランスが崩れるので行いません。照準で工夫しようと試してますが難しいのが現状です。

 2017/03/07のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)⇒07(〇)
  0 + 18 = 18点。白く見えるターゲットの方がスタンディングで外し易い傾向にあり全滅でした。しかし、シングルハンドで撃つプローンの方は悪くない結果です。

 2017/03/11のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)⇒06(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒10(〇)
  20 + 15 = 35点。白く見えないターゲットでスタンディングはノーミスにできました。シングルハンドのプローンは10mで苦労しています。

 縮小シルエットはターゲットの違いで波がありますが、少しづつ良くなってきている印象です。縮小プレートに続き縮小シルエットでも満射を達成したい。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)自宅練習

2017年03月15日

自宅練習APS縮小プレート(2017/02/25・03/01・05・09)

 縮小ブルズアイと違い徐々に好調に近づいている感じの縮小プレートです。

 2017/02/25のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。大きくは外してないので良くなりつつありますが、下段左は照準前に弾が発射されたミスです。

 2017/03/01のAPS縮小プレート

 15枚ヒットの満射!!!。APS-3による縮小プレートの満射は2009/02/14以来になり8年ぶりの快挙です。

 2017/03/05のAPS縮小プレート

 13枚ヒット2枚外し。中段4枚目は照準途中に弾を発射するミスでした。端寄りが多くまだまだな状態です。

 2017/03/09のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。ミスは多かったもののプレートのセンターに着弾する数が増えたことは良い方向だと感じています。

 まだまだ安定していませんが、8年ぶりに満射を達成できたことは嬉しいものです。再度の満射を早い段階で達成すべく頑張ります。  

Posted by MAGI at 00:20Comments(0)自宅練習

2017年03月14日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/02/24・28・03/04・08)

 先月から続く自宅練習の結果をやっと記事にできました。

 2017/02/24の縮小ブルズアイ

 50 + 50 = 100点。久々に満射しました!右側の穴の中の1発は跳ね返って戻り穴の中に乗ったものです。

 2017/02/28の縮小ブルズアイ

 50 + 45 = 95点。連続の満射ならず。7発目をトリガーの引きブレで外してしまいます。

 2017/03/04の縮小ブルズアイ

 48 + 46 = 94点。ターゲットもサイトもよく見えず集中が乱れトリガーミスを誘発したようです。

 2017/03/08の縮小ブルズアイ

 46 + 38 = 84点。この日も照準に苦労し1発は0点まで外れました。

 縮小ブルズアイは先月末の好調から不調になっています。ターゲットがよく見えない状態なのと実距離ブルズアイと狙点が違うこともあって失敗が続いています。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)自宅練習

2017年02月28日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/02/14・19・23)

 実際のシルエットターゲットと大きく異なる縮小ペーパーターゲットですが、思った以上に似たような結果を示しているので練習効果はあると信じ継続中です。

 2017/02/14のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)⇒07(×)
  11 + 15 = 26点。上下方向は安定してきましたが、左右方向が不安定な状態が続いています。

 2017/02/19のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒08(×)⇒09(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
  11 + 11 = 22点。ターゲットが見え難いことで狙点が定まらず。

 2017/02/23のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(×)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒09(〇)
  15 + 11 = 26点。シングルハンドで撃つプローンの9mで1発2時方向に外してるミスが気になります。

 上側着弾を防ぐにはターゲットとフロントサイトの間を空ける必要がありますが、照準が困難です。サイトセッティングの変更すべきかは縮小ブルズアイと縮小プレートとの関係で悩みます。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年02月27日

自宅練習APS縮小プレート(2017/02/13・18・22)

 まずは安定した2桁ヒットを目指したい縮小プレートです。

 2017/02/13のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。外すモードがトリガーに当てた指のホールドミスによる予期せぬ発射と上方への引きブレに絞られてききました。

 2017/02/18のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。大きく外した中段左端は照準前に撃発したトリガーミスによるものです。この日はサイトもターゲットも見え難く、よく10枚もヒットしたものだと思います。

  2017/02/22のAPS縮小プレート

 9枚ヒット6枚外し。ターゲットが2重に見える状態で照準が難しく大きく外すミスも出ています。

 縮小プレートはトリガーミスと照準ミスが半々位で、まだまだLE2012のトリガーに馴染めてないようです。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習