2017年06月12日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/06/04・06/07)

 ターゲットサイズを多少大きくしても難易度が下がらない縮小シルエットです。

 2017/06/04のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒10(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒08(〇)⇒09(×)
  15 + 9 = 24点。上方着弾傾向を変えることができず。ヒットしたものもギリギリでした。

 2017/06/07のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒08(〇)⇒09(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(〇)
  15 + 6 = 21点。大きく外したのはスタンディング9mの1発のみで他は微妙な外し方になりました。

 全ての狙点がターゲット下の黒い部分になっているため、黒いサイトによるサイティングが難しく微妙に外すことからの脱却が難しい状態です。でもサイトに細工をする積もりは一切ありません。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)自宅練習

2017年06月11日

自宅練習APS縮小プレート(2017/06/01・06/06)

 安定しなくなった縮小プレートです。

 2017/06/01のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。サイトがよく見えていないことで微妙なサイトアライメントの狂いを認識できていません。

 2017/06/06のAPS縮小プレート

 9枚ヒット6枚外し。新しい眼鏡によってサイトもターゲットも問題ない見え方になりました。しかし、右側に外した3枚は撃発時にアライメントの狂いがなかったので外れた理由が判りません。

 新しい眼鏡によってサイトもターゲットもよく見えるようになりました。一つ弊害としてBB弾を目で追えるようになりフォロースルーが疎かになっています。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習

2017年06月10日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/05/31・06/05)

 2連続満射に何度か成功しているものの3連続以上の満射ができない縮小ブルズアイです。

 2017/05/31の縮小ブルズアイ

 50-1X + 50-2X = 100-3X。前回に続き満射にはなりましたが、Xが少なめです。

 2017/06/05の縮小ブルズアイ

 46-3X + 40-4X = 86-7X。新しい眼鏡で撃ちました。Xが増えて良好ではありますが、サイディング要因でないミスで0点を記録してしまいました。

 新しい眼鏡でサイティング精度を向上する余地ができたと考えています。3連続以上の満射を達成したいものです。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)自宅練習

2017年05月31日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/05/26・30)

 縮小シルエットの新ターゲットペーパーです。

 今回もコントラストの異なる2種類を作成しましたが、左側はコントラストが低すぎたようです。従来のものからターゲットの高さに変化をつけ一回りサイズも拡大し、見かけ上のリアリティを強化しました。

 2017/05/26のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(×)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
  15 + 18 = 33点。ターゲットを視認するのが困難なほどコントラストが低くなっていますが、10~8mは狙点がターゲットより下にあるので影響は少ない感じです。

 2017/05/30のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(〇)
  15 + 6 = 21点。ダブルハンドのスタンディングは照準精度が上がってきましたが、シングルハンドのプローンは同じようにはいきません。

 以前のものより今回の新ターゲットの方がサイズ感は良くなりましたが、レイアウト的にはまだまだ改善の余地があるようです。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習

2017年05月30日

自宅練習APS縮小プレート(2017/05/25・28)

 とりあえずフォロースルーに重点を置きたい縮小プレートです。

 2017/05/25のAPS縮小プレート

 7枚ヒット8枚外し。深刻な不調に陥っています。左右方向が定まりません。

 2017/05/28のAPS縮小プレート

 12枚ヒット3枚外し。左右から左側のみに外すまで回復しました。激発の瞬間左側にブレている感じです。

 不調の要因の一つは視力低下で照準が甘くなることもあります。今しばらくは現状維持で我慢しますが、近いうちに改善する予定です。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)自宅練習

2017年05月29日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/05/24・27)

 上下の照準位置が安定しない縮小ブルズアイです。

 2017/05/24の縮小ブルズアイ

 48-3X + 46-1X = 94-4X。左右方向は10点内に入ってますが、上下方向が下寄り傾向です。

 2017/05/27の縮小ブルズアイ

 50-3X + 50-3X = 100-6X。9発目まで調子よく満射を目指した10発目はミスしたもののギリギリ9時10点で辛うじて満射です。

 グリップ握りを無理のない位置にしたことで大きく外さないようになったと思います。しかし、上下位置に関してはまだまだ安定していません。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2017年05月28日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/05/18・23)

 照準が難しい縮小シルエットです。

 2017/05/18のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒10(×)
  11 + 6 = 17点。スタンディング10mは右寄り、9mは左寄り着弾で上手く照準ができていません。シングルハンドで撃つプローン10mは上下照準で苦しみ、8mは大きく引きブレてしまいました。

 2017/05/23のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(×)
  18 + 11 = 29点。ダブルハンドのスタンディングは初弾以外は良好な結果でした。シングルハンドのプローンは8mを微妙に上方へ外してしまいます。

 自宅練習の制約は人それぞれですが、制約の範囲で少しでも効果的な練習を行うことに意義はあると信じ縮小シルエットターゲットの変更を行うことにしました。次回から変更したターゲットを試そうと思います。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年05月27日

自宅練習APS縮小プレート(2017/05/17・22)

 不調期に突入している縮小プレートです。

 2017/05/17のAPS縮小プレート

 8枚ヒット7枚外し。大きく外したのは5時方向に外した1発のみですが、微妙に左右に外しているのが気になります。

 2017/05/22のAPS縮小プレート

 8枚ヒット7枚外し。下段・中段はグリップを深く握り、上段は浅く握りました。その差で下段中段は左側へ外し、上段は右側へ外しています。

 ターゲットのリアクションがないことを利用してフォロースルーを行うようにしています。サイトアライメントは悪くないもののトリガーコントロールが悪く撃発のタイミングが良くないことが判ってきました。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年05月26日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/05/14・21)

 満射が出るようになったものの安定しない縮小ブルズアイです。

 2017/05/14の縮小ブルズアイ

 50-5X + 50-2X = 100-7X。前回より連続で満射です。1的目は5Xですが、Xリング内側への着弾は2発のみで完璧には程遠いと感じます。

 2017/05/21の縮小ブルズアイ

 48-1X + 44-1X = 92-1X。青マジックで着弾位置をチェックしてみました。1的目が上方だったので2的目をやや下方にしようとしたが、下がり過ぎたようです。

 ターゲットの見え具合が日によって異なりアップダウンが続きます。青マジックで着弾位置をチェックしても黒い10点内は判り難いので、ブラックボード対応のペンも試してみたい。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2017年05月19日

自宅練習ひたすらAPS縮小ブルズアイ(2017/05/16)

 前回の自宅練習ひたすらAPS縮小ブルズアイでターゲットサイズに違和感を感じたので、新たに現状のAPS縮小ブルズアイと同サイズのターゲットを作成。

 左が新たに作成した80%サイズのひたすらAPS縮小ブルズアイターゲット、右は2008年に作成した70%サイズの旧ひたすらAPS縮小ブルズアイターゲット。ターゲットの数が33個から28個に減りましたがリアリティの方を重視した結果です。

 2017/05/16ひたすらAPS縮小ブルズアイ

 結果は280点中274点15X。今回は0点と5点はなし、8点3発の失点のみ。

 適切なサイズのブルズアイターゲットに変更したことで失点が大幅に減少しました。しかし、途中で集中に欠けたことでXへの着弾が減っています。この点は反省が必要です。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習

2017年05月15日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/05/09・05/13)

 仮想着弾範囲を廃止してスッキリした縮小シルエットです。

 2017/05/09のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(×)⇒08(×)
  11 + 11 = 22点。左右方向のズレは少ないものの上下方向はフロントサイトが黒い部分に重なるため苦戦しています。

 2017/05/13のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒08(×)⇒09(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(〇)
  6 + 6 = 12点。見え方の違いなのか前回とは一転して左右が安定しませんでした。

 黒の支柱部分にフロントサイトが埋没している状態です。新しい眼鏡を導入するまで改善が難しいでしょう。  

Posted by MAGI at 00:20Comments(0)自宅練習

2017年05月14日

自宅練習APS縮小プレート(2017/05/08・05/12)

 サイトアライメントへの集中力不足を改善したい縮小プレートです。

 2017/05/08のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。いくつかのプレートを無意識に見てしまっていることで微妙に外しました。サイトへの集中に欠けています。

 2017/05/12のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。14枚目が下側着弾になったのは照準開始前に弾が出てしまったミスによるものです。それ以外は大きく外していません。

 まだまだ弾が出た瞬間にターゲットに意識が行っているのでサイトに集中するという課題をクリアすることができない状態が続きます。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)自宅練習

2017年05月13日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/05/07・05/10)

 相変わらず上下の照準位置に苦戦が続く縮小ブルズアイです。

 2017/05/07の縮小ブルズアイ

 50-3X + 48-0X = 98-5X。酷い外し方が無かったことは良かったです。

 2017/05/10の縮小ブルズアイ

 50-2X + 50-4X = 100-6X。1ヶ月半ぶりの満射ですが、納得できた射撃は1発だけだったので素直に喜ぶことができません。

 満射も出てきましたが、乱視悪化の影響でサイトピクチャーも悪くなり思ったような射撃ができていないのが歯痒い。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)自宅練習

2017年05月12日

自宅レンジの改良 その11

 今回の自宅レンジ改良の最後にBB弾回収率と自宅レンジの変遷を記します。

 食卓カバー内へのBB弾回収率

 試行当初は50%前後で推移していましたが、いくつかの改良を経てBB弾回収率100%に達するようになりました。

 最初の2008年6月頃からの自宅レンジの変遷。8年前に行った「自宅レンジの改良 その8」で40発中36発とBB弾回収率90%を記録しましたが、その後向上することはなくどちらかと言うと低下傾向でした。今回の改良でBB弾回収率が100%に達したのは嬉しいことです。

 左から第1、第2、第3、第4世代です。写真では判り難いですが、世代と共にターゲット等を吊るすツッパリ伸縮棒も1本、2本、3本と増えています。第3世代までは、ぶら下げたペーパーターゲットにBB弾を貫通させバックストップで落下回収する方式でした。第4世代は180度方針転換した反射型で、ポリカ板上のペーパーターゲットで跳ね返るBB弾をコントロールすることで食卓カバー内に回収する方式です。

 8年ぶりの自宅レンジ大幅改良でペーパーターゲットでも精度の高い練習が可能になりました。しかし、プレートやシルエットでリアクションがないターゲットによる練習は味気無さが残るのも事実です。それを補完できるフロンティアや富士見のAPS練習会があることに助けられています。有難いことです。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)自宅練習

2017年05月11日

自宅レンジの改良 その10

 縮小ブルズアイターゲットに続き縮小プレート・縮小シルエットターゲットの最新の状態です。

 縮小プレートターゲット使用中の自宅レンジ。

 ターゲットプレートのポリカ板のサイズと重量の違いからターゲット部分の構成が異なります。レンジレイアウトによるものか食卓カバー右側への跳弾が多かったので、右側のみに青いタオルを下げています。

 縮小プレート・縮小シルエット用ではターゲットサイズ以外も縮小ブルズアイ用と多少異なる構成です。

 大きくなったターゲットサイズでもBB弾回収率を向上させるため縮小ブルズアイ用より前傾角度を大きくしています。この前傾角度を得るため大きなウエイトを装着。

 ターゲット部分の構成

 上から前面にウエイトネジを取り付けた網戸クリップ(縮小ブルズアイと共用)、ステンレス金具をウエイトとして装着した網戸クリップ、その右に補助ウエイトの目玉クリップ大、ポリカ板と縮小ペーパーターゲットです。きれいな着弾痕を得るためにはA4コピー用紙をポリカ板に密着させる必要があります。試行錯誤の結果スプレーのりを採用しました。

 ペーパーターゲットをポリカ板に貼るのに3Mのスプレーのり55を使用。貼り直しができるのりです。

 当初試していた写真右の100円ショップのりスプレーは塗りムラが生じ易くペーパーが剥がれ難くなることがありました。それに対しスプレーのり55は比較的薄く均一に塗ることが可能です。写真左のクリーナー20はポリカ板に蓄積したのり汚れを除去するのに使用します。

 A4コピー用紙のターゲットが着弾で破れないようポリカ板との密着性を高めるため、ひたすらブルズアイ方式等も試しましたが4mからの射撃ではビニールシートが損傷し易く上手くいきませんでした。シンプルで確実な方法としてスプレーのりに辿り着いたことで精度の高い縮小プレート・縮小シルエット自宅練習が可能になったと思っています。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習

2017年05月10日

自宅レンジの改良 その9

 「縮小ブルズアイターゲット更新検討」と「縮小プレート・シルエットターゲット更新」というタイトルで自宅練習用ターゲット更新の記録を残してきました。その纏めとして「自宅レンジの改良」というタイトルで記事を記します。

 先ずは縮小ブルズアイターゲット使用中の自宅レンジです。

 吊り下げられたハンガーにセットした縮小ブルズアイターゲット、青い布のバックストップ、BB受けの食卓カバーに青いタオルを敷き右側にも青いタオルを下げています。

 縮小ブルズアイターゲットはポリカ板にクリップでセットしているだけ。

 ターゲットの前傾角度はあまり大きくはありませんが、十分食卓カバー内にBB弾を回収できます。

 ターゲット部分の構成

 上から前面にウエイトネジを取り付けた網戸クリップ、目玉クリップ特大、ポリカ板と左右に目玉クリップ中、80%サイズの縮小ペーパーターゲットです。これらを組み合わせハンガーにぶら下げてターゲットとして使います。着弾痕は比較的きれいな円形で残るので概ね正確な着弾判定が可能です。

 構成部品のポリカ板はホビーショップフロンティアで販売しているもので、その他は100円ショップで入手。4mからのブルズアイ練習用としてなかなか優れていると自画自賛しています。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)自宅練習

2017年05月09日

自宅練習ひたすらAPS縮小ブルズアイ(2017/05/07)

 大阪ではAPS公式記録会が開催されていた5/7(日)は富士見スポーツシューターズAPS練習会に参加する予定でしたが寝坊して断念。未だに南畑ふれあいプラザを訪ねることが叶いません。結局ひたすらAPS縮小ブルズアイを自宅で撃ちました。

 2017/05/07ひたすらAPS縮小ブルズアイ

 結果は330点中293点11X。今回は0点1発、5点3発、8点6発の失点でした。

 0点になった1発は特にミスした感じはなかったのに着弾は大幅に左になっていました。原因不明です。久々に撃ちましたが、このサイズのブルズアイはフロントサイトに対して小さ過ぎました。今後はサイズ変更したものを新たに作成したいと思います。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2017年05月08日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/05/02・05/06)

 仮想着弾範囲の意味が薄れてきた縮小シルエットです。

 2017/05/02のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)
  11 + 15 = 26点。全体的にバラツキは小さくなっていますが、仮想着弾範囲と照準の関係が実際のシルエットのような関係から崩れている状態です。次回から仮想着弾範囲を廃止して見た目通りに着弾させることにします。

 2017/05/06のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒10(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)
  15 + 18 = 33点。仮想着弾範囲を消しました。狙点はターゲットより下側になるので黒い支柱に黒いフロントサイトで難しい照準が要求され、小さな10mは特に苦労します。

 現状のLE2012のサイトセッティングでは実際のシルエットと狙点が異なるので仮想着弾範囲を廃止したことは妥当だったようです。コントラストの異なるターゲットペーパーを交互に使った練習は継続します。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年05月07日

自宅練習APS縮小プレート(2017/04/30・05/04)

 徐々にリアクションが全くないことに慣れつつある縮小プレートです。

 2017/04/30のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。下段はそこそこでしたが中段・上段では10発目以外良い射撃ができていません。

 2017/05/04のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。6枚目までは照準が定まらない感じだったのが、7枚目からは照準は良くなった。しかし、トリガーの引きブレで外しました。

 サイトアライメントに集中することと、プレートとの照準のバランスを探りながらの練習が続いています。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年05月06日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/04/29・05/03)

 白マルターゲットを消費し黒マルターゲットに戻れた縮小ブルズアイです。

 2017/04/29の縮小ブルズアイ

 46-0X + 41-0X = 87-0X。白マルターゲットがよく見えず下寄り着弾になってしまいました。

 2017/05/03の縮小ブルズアイ

 48-3X + 48-2X = 96-5X。黒マルターゲットに戻りました。相変わらず上下の照準が甘く満射できません。

 白マルターゲットは困難だった照準が黒マルでは楽にはなりますが、上下間隔の照準精度がまだ低いと感じています。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2017年04月29日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/04/22・26)

 どうしても左右バラツキを小さくできない縮小シルエットです。

 2017/04/22のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(×)
  5 + 11 = 16点。コントラストが低い方のターゲットではスタンディング10mが全く定まりません。

 2017/04/26のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)⇒06(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(×)⇒10(×)
  20 + 0 = 20点。ダブルハンドのスタンディングはほぼ同じ高さに着弾しましたが、シングルハンドのプローンは右上着弾傾向から抜けられません。

 自宅練習縮小シルエットは実際のシルエットよりサイトアライメントもターゲットとのアライメントも難しい。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習

2017年04月28日

自宅練習APS縮小プレート(2017/04/20・25)

 着弾痕が小さくなりより難易度が増した印象の縮小プレートです。

 2017/04/20のAPS縮小プレート

 7枚ヒット8枚外し。下段からバラツキが大きく縮小プレートの難しさにやられました。ポリカ板使用により着弾痕が小さくなっていることもあり従来はヒット判定していたものも外れになってしまいます。

 2017/04/25のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。実際のプレートなら12~13枚ヒットになるレベルですが、15発中1発も納得できる射撃ができていないのでダメな状態です。

 リアクションが全くないことにまだ慣れませんが、着弾を追わずサイトアライメントへの集中に専念したいと思います。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年04月27日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/04/19・24)

 ミスでターゲットが変わってしまった縮小ブルズアイです。

 2017/04/19の縮小ブルズアイ

 48-3X + 46-2X = 94-5X。撃つ直前になってターゲットペーパーの選択を間違え白マルだったことに気づきました。よく見えず狙い難い感じですがあと2回は白マルを使います。

 2017/04/24の縮小ブルズアイ

 43-3X + 50-2X = 93-5X。自宅では物凄く視認性が悪い白マルのターゲットで1的目は苦労し1発は1時5点になりました。

 次回で白マルのターゲットを使い切ったら黒マルに戻します。相変わらず右上方向へ外す傾向が変わりません。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年04月24日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/04/13・18)

 正確な照準がなかなか難しい縮小シルエットです。

 2017/04/13のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒08(×)⇒10(〇)
  5 + 11 = 16点。平面の縮小ターゲットだと、どうしても照準が微妙にズレて外してしまいます。

 2017/04/16のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)⇒07(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)
  18 + 15 = 33点。やっとのことでポリカ板プレートを使った縮小シルエットで30点越えです。

 ポリカ板プレートを使うようになり正確な着弾判定が可能になったことで、縮小ターゲットであってもある程度の練習効果を期待しています。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)自宅練習

2017年04月23日

自宅練習APS縮小プレート(2017/04/12・16)

 実際のAPSプレートより難しい縮小プレートです。

 2017/04/12のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。大きく外したのは15発目のみでした。プレートセンター付近への着弾でないと撃っているときにヒット判定ができません。それが今までにないプレッシャーを生んでいます。

 2017/04/18のAPS縮小プレート

 11枚ヒット4枚外し。納得できたのは15発中3発しかなく残念でした。右上は紙が剥がれたまま撃ったので着弾で穴が開いています。

 ポリカ板使用で紙が破れなくなったことで撃っているときは全くターゲット側のリアクションがありません。そのため納得できる射撃ができなかった場合は全て外している感覚になってしまいます。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)自宅練習

2017年04月22日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/04/11・15)

 同じミスから抜けられない縮小ブルズアイです。

 2017/04/11の縮小ブルズアイ

 43-2X + 50-3X = 93-5X。1的目はどうしてもトリガーミスが出てしまいます。

 2017/04/15の縮小ブルズアイ

 48-2X + 46-1X = 94-3X。3発が1時2時方向になりました。トリガーの引きブレが最も大きな要因です。

 APS-3LE2012のトリガーに苦戦が続いています。現行APS-3ORとの微妙な違いを乗り越えるのは簡単ではありません。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)自宅練習

2017年04月14日

縮小プレート・シルエットターゲット更新 その1

 APS縮小ブルズアイはポリカ板をターゲットプレートにした方式に完全移行し正確な着弾位置が判るようになりました。縮小プレート・シルエットに対しても同様な方式に移行すべく試行錯誤を続けています。

 従来方式

 ターゲットペーパーにBB弾を貫通させる方式です。きれいな着弾痕は期待できず正確な着弾判定ができていませんでした。

 ポリカ板をターゲットプレートにした第1弾

 手持ちのクリップ3個でターゲットペーパーを留めました。BB弾着弾により紙が破れ失敗です。

 ポリカ板をターゲットプレートにした第2弾

 ターゲットペーパーを留めるクリップを4個にしましたが、BBの着弾ショックで緩み失敗です。

 ポリカ板の養成シートを剥がした第3弾

 ポリカ板の両面に養成シートが貼ってあったので片面のシートを剥がしターゲットペーパーとの間に隙間が生じ難くしたもの。半数程度は着弾で紙が破けています。

 ポリカ板・ターゲットペーパー・ビニールシートの3層構造にした第4弾

 ひたすらブルズアイように表面をビニールシートで覆った形です。上側は良好ながら下側は紙が破れました。

 ポリカ板・ターゲットペーパー・ビニールシートの3層構造でクリップ位置を変えた第5弾

 下側のみクリップで留めました。上段と下段は良好ですが、中段で紙が破れています。中段のビニールシートが被弾で破れ空気が入り隙間が生じたことが原因です。

 ビニールシートを止めポリカ板にターゲットペーパーをのりスプレーで貼った第6弾

 遂に紙を破かず全ての着弾痕がきれいな形で残るようになりました。のりスプレーは100円ショップで購入したもの。

 貼ったり剥がしたりできる低粘着のりスプレーです。今後は3Mのスプレーのリ55等も試したいと思っています。

 きれいな着弾痕を残し正確な着弾判定は可能になりました。しかし、現時点ではBB弾受けの食卓カバーへのBB弾回収率が良くない問題が解消されていません。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)自宅練習

2017年04月13日

自宅練習APS縮小シルエット(2017/04/06・10)

 縮小プレート同様にターゲットの問題で試行錯誤を続けている縮小シルエットです。

 2017/04/06のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(×)⇒09(〇)⇒09(×)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
  7 + 11 = 18点。練習の結果は不調ですが、ポリカ板・ターゲットペーパー・ビニールシートの3層構造で10発全ての着弾痕を紙を破かず付けることに初めて成功しました。

 2017/04/10のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(×)⇒09(×)⇒09(〇)⇒10(〇)
  15 + 11 = 26点。縮小シルエットもビニールシートなしで10発全て紙を破かず着弾痕を残せることに成功しました。相変わらずターゲットが大きくなる7mを外してしまいます。

 ビニールシートなしで紙を破かず着弾痕を付けることが可能になりましたが、BB弾回収率が30%程度と低い状態が続いています。これを解消するのは簡単ではありません。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)自宅練習

2017年04月12日

自宅練習APS縮小プレート(2017/04/05・09)

 ポリカ板・ターゲットペーパー・ビニールシートの3層構造にした縮小プレートです。

 2017/04/05のAPS縮小プレート

 10枚ヒット5枚外し。中段の3発のみ紙が破れましたが、残りの12発は紙が破れずきれいな着弾痕が残りました。中段部分はビニールシートが破れているのが原因と思われます。

 2017/04/09のAPS縮小プレート

 8枚ヒット7枚外し。ビニールシートを止め別の方法で紙を一切破らず15発全ての着弾痕を残すことに成功しましたが、撃っているときは着弾位置が判らずヒット判定できない問題で少々悩みます。

 縮小ブルズアイよりも様々な方法を試行錯誤しています。BB弾回収率アップとヒット判定が判らない問題を解決することに気を取られ練習に集中できていませんが、しばらくは我慢です。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)自宅練習

2017年04月11日

自宅練習APS縮小ブルズアイ(2017/04/04・08)

 ターゲットプレートの固定方法で未だに試行錯誤を続けている縮小ブルズアイです。

 2017/04/04の縮小ブルズアイ

 48-2X + 43-1X = 91-3X。前日の平日無料練習会では2回も満射しましたが、自宅練習用APS-3LE2012では狙点とトリガーフィーリングの違いから満射は簡単ではありません。

 2017/04/08の縮小ブルズアイ

 40-2X + 45-3X = 85-5X。同じミスを2回繰り返しました。トリガーの引きブレです。

 ターゲットプレートの固定を強固にするとBB弾受けの食卓カバー内への回収率が低下します。逆に固定を弱くするとターゲットプレートが撃っている途中でズレる問題が発生。固定強度とBB弾回収の両立を目指し試行錯誤は続きます。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)自宅練習