2018年09月11日

映画「この世界の片隅に」19回目


 公開から660日を超える上映を支えた土浦セントラルシネマズで19回目の「この世界の片隅に」を観ました。前から行ってみたかった劇場で監督の舞台挨拶と上映後にロケ地の場所を見よう会というイベントが開催されることも後押しになっています。

 この世界では有名な水口マネージャーによるファンアートが描かれた特製の入場券。

 水口マネージャーによる多数のファンアート展示もされていました。

 その一部。

 片淵監督による「この世界の片隅に」通常上映の舞台挨拶は今回が最後らしいです。

 監督には12月公開予定「この世界の <さらにいくつもの> 片隅に」の完成に向け頑張って欲しい。

 今回の土浦セントラルシネマズは満席状態で空調が追い付かず熱気で暑い中の上映となり、私は終始クリアファイルを扇いで昔の映画館の雰囲気を味わいます。

 舞台挨拶後に片渕監督のサイン会がありました。10分で1m程度しか進まない行列に並んでいましたが、立ち眩みの症状が出てきたので並ぶのを断念。サイン会は諦めて外に出て次のイベントに備えることにしました。



同じカテゴリー(エンタメ)の記事画像
映画「メアリーの総て」
映画「来る」
映画「ボヘミアン・ラプソディ」
映画「大脱走」
映画「GODZILLA 星を喰う者
映画「ビブリア古書堂の事件手帖」
同じカテゴリー(エンタメ)の記事
 映画「メアリーの総て」 (2019-01-19 00:16)
 映画「来る」 (2018-12-22 00:13)
 映画「ボヘミアン・ラプソディ」 (2018-12-21 02:48)
 映画「大脱走」 (2018-12-11 00:16)
 映画「GODZILLA 星を喰う者 (2018-11-18 00:17)
 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」 (2018-11-08 00:13)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。