2018年08月24日

映画「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」


 グリム童話の「手なしむすめ」という話をアニメ映画化した「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」を観ました。

 本作は高畑勲監督の「かぐや姫の物語」をよりシンプルにしたような印象もあるアニメーションですが、監督のセバスチャン・ローデンバックが一人で作画したという凄い作品でもあります。

 最初は多少違和感もある個性的な画ですが、馴染むと新しい映像表現に自然と挽きつけられました。



同じカテゴリー(エンタメ)の記事画像
映画「ビブリア古書堂の事件手帖」
映画「500ページの夢の束」
映画「若おかみは小学生!」
映画「響 -HIBIKI-」
映画「この世界の片隅に」19回目
映画「ペンギン・ハイウェイ」
同じカテゴリー(エンタメ)の記事
 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」 (2018-11-08 00:13)
 映画「500ページの夢の束」 (2018-10-20 00:15)
 映画「若おかみは小学生!」 (2018-10-13 00:18)
 映画「響 -HIBIKI-」 (2018-10-07 00:12)
 映画「この世界の片隅に」19回目 (2018-09-11 00:16)
 映画「ペンギン・ハイウェイ」 (2018-08-31 00:16)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。