2020年05月18日

APS-3ORグリップ握り位置とトリガー位置調整(2020/05/15)

 感覚と着弾の不一致が続いているのは腕と目とターゲットのアライメントが狂っているのが原因だと考えました。この中で問題なのは銃を持つ腕にあるように思ったので調整を行います。

 グリップ握り位置変更

 左が今回の変更で握り位置を浅くしたもの、右は変更前で握り位置を深くしていたものです。目を瞑って腕を上げたときフロント・リアサイトの位置に狂いがありました。それを修正する方向に握り方を変えことで人差し指の位置に違いが出ています。

 トリガー位置変更

 左が今回の変更で手前から1.0mmに設定したもの、右は変更前で手前から0.3mmに設定していたものです。写真では違いが判りませんが、人差し指の位置の変化に応じてトリガーを遠くしました。

 細かな再調整は今後も必要でしょうが、これにより感覚と着弾の不一致を小さくすることができると思います。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)調整