2020年05月06日

弾速計ACETECH AC6000購入

 弾速計としてCHRONY M-1とCombro cb-625を所有していますが、CHRONY M-1は大き過ぎて邪魔になり、Combro cb-625は銃口部に固定する必要があり面倒です。そこで新たな弾速計の購入に至りました。

 フロンティアの店頭にあったのは ACETECH AC6000 と 同AC5000 それと XCORTECH X3200 Mk3 の3種。その中から ACETECH AC6000 を選択しました。価格的には XCORTECH X3200 Mk3 の2倍と高価ながら2019年からAPS公式記録会や本大会で使われている機種ということが決め手です。

 カラー印刷されたパッケージ

 内容物はエアキャップに包まれていたAC6000本体と説明書のみ。

 説明書は英語と中国語の2か国語でした。ネットで探せば日本語の説明書もあります。

 上面にはACETECHの表示

 下面には電池ボックスがあり、シリアルNo.プレートが貼られています。

 前面は操作部とアルミでカバーされた弾速計のチューブ

 背面には外部給電用のmicroUSB端子があります。5V、0.5A以上の入力で動作しUSB電源を使う場合はオートパワーオフをキャンセルすることが可能。

 単4電池4本をセット

 電池駆動ではオートパワーオフをキャンセルすることはできませんが、5~60分の範囲で時間設定は可能です。

 オレンジの電源ボタンでオンすると有機ELパネルが点灯。

 電源ボタンの上には十字キーがあり各種設定を変更できます。

 APS-3ORの弾速を計測してみました。

 BB弾を6mm、0.2gに設定

 弾速84.7m/s、0.72Jとの結果でした。2020/02/08のAPS公式記録会での弾速検査では84.2m/sだったので同水準を保っているようです。

 今後は自宅練習でも弾速計測を心掛けようと思います。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)射撃グッズ