2019年08月31日

第29回APSカップ分析 その22

5.機種別分析

5-2.フリーサイト部門

5-2-4.APS-1GM

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第27回」

 フリーサイト部門エントリーの4分の1近くを占めるAPS-1GMです。

 ブルズアイとプレートでは満射もありトータル以外はオープンサイト部門のAPS-3と遜色ない高い水準になっています。

 以上で第29回APSカップ本大会分析は終了です。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)分析

2019年08月30日

第29回APSカップ分析 その21

 フリーサイト部門のAP200はエントリーなし為、その20をスキップします。

5-2.フリーサイト部門

5-2-3.GP100

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 フリーサイト部門のGP100でのエントリーは1名まで減少しました。

 ブルズアイが上がって、プレートが下がっていますが、トータルは例年と同レベルで大きな変動はありません。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)分析

2019年08月29日

第29回APSカップ分析 その19

 プリシーダー不在の為その18をスキップして、ここからはフリーサイト部門です。

5.機種別分析

5-2.フリーサイト部門

5-2-1.APS-3

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 フリーサイト部門のAPS-3は4年連続でシルエットの満射が出ています。

 昨年よりXカウントが少々減っていますが、オープンサイト部門同様にベストなAPS競技銃であると言えるでしょう。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)分析

2019年08月28日

第29回APSカップ分析 その17

5.機種別分析

 APS-1GMにはM96、M97、M99、Mk.II等も含みます。

5-1.オープンサイト部門

5-1-4.APS-1GM

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 最高点は昨年より少しグラフ形状が良くなっていますが、平均点は昨年より少々小さいグラフになっている印象です。

 APS-1GMの内訳はOR=12名、Mk.II=9名、M97=3名、M96=1名、M99=1名の順で、総エントリーは昨年より12名増えています。コンプレスト式のAPS-3、AP200と違うスプリングエアー式なので高湿度にも強く、GP100が苦手な低温でも安定動作するAPS-1GMは環境の悪い状況でも練習できるメリットがあります。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)分析

2019年08月27日

第29回APSカップ分析 その16

5.機種別分析

 GP100にはGP100S、GP100SB、GP110、GP110S等も含みます。

5-1.オープンサイト部門

5-1-3.GP100

「第17回」は無し 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 GP100はXがゼロだったことが目立ち、それ以外は概ねAPS-3の平均点程度の結果でした。

 GP100でのエントリーは昨年より半減した2名でした。APS競技銃唯一のガスガンでメリットもデメリットもありますが、使いこなせば優秀な結果を残せる性能はあると思います。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)分析

2019年08月25日

第29回APSカップ分析 その15

5.機種別分析

 AP200にはAP200S、AP200SB、AP210、AP210S等も含みます。

5-1.オープンサイト部門

5-1-2.AP200

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 オープンサイト部門のAP200です。昨年に較べると大幅にグラフ形状が良い印象になりました。

 昨年の2名から3名にエントリーが増えています。来年はAP200SCの登場で更に増加するのでしょうか。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)分析

2019年08月24日

第29回APSカップ分析 その14

5.機種別分析

 ブルズアイ、プレート、シルエット、トータル及び(X)について、それぞれの満点を100%としたレーダーチャートです。最低、平均、最高点別に色分けしています。面積の大きさがポテンシャルの高さを表します。なお、APS-3には限定モデルも含みます。

5-1.オープンサイト部門

5-1-1.APS-3

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 オープンサイト部門のAPS-3はシルエットの満射こそないものの、形の良いグラフ形状になっています。

 例年と変わらず幅広い層の方が使っているAPS-3なので最低点は低いが、平均点は昨年とほぼ同水準です。今年も最高点では非常にバランスが取れていました。ベストなAPS競技銃であることは確かです。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)分析

2019年08月23日

第29回APSカップ分析 その13

4.機種別のスコア


「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 グラフのX軸"機種名_部門(XX)"のカッコ内はエントリー数です。

 APS-3は5年連続で両部門の優勝者が使っていました。平均点はフリーサイト部門が高く、最高点と最低点はオープンサイト部門の方が高くなっているのが特徴的です。

 AP200はフリーサイト部門のエントリーがありません。オープンサイト部門の方は昨年より1名増えていただけに残念でした。

 GP100のエントリーは両部門とも昨年より減少しました。スコア的にも例年と変わらず低めの状態が続いています。

 APS-1GMは今年も両部門ともエントリー数が増えました。最高点のみAPS-3と差がありますが平均点と最低点は同等です。

 プリシーダーは今年も両部門のエントリーがありません。

 マルゼン2機種のエントリーが増えKSCの2機種はエントリー減少しています。入手性の問題もありますがAP/GPで優勝争いする方の登場を期待したいものです。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(1)分析

2019年08月21日

第29回APSカップ分析 その12


3.スコア分布

3-2.フリーサイト部門

3-2-4.トータルスコア

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 今年のフリーサイト部門トップスコアは昨年と同じ188点でした。

 平均点は昨年より僅かに0.4点ダウンの141.8点。マスターバッチ該当点数である110点以上の割合は昨年の91.5%から86.6%に減少。昨年より下がった141.8点の平均点でもオープンサイト部門より17.8点も高く、公式記録会・公式練習会のオープン・フリーのハンディキャップ10点を超えている状況は変わりません。

 今大会のフリーサイト部門は初出場の方が優勝しています。練習場所が増えていることを実感させる出来事でした。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)分析

2019年08月20日

第29回APSカップ分析 その11

3.スコア分布

3-2.フリーサイト部門

3-2-3.シルエット

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 フリーサイト部門のシルエット満射は昨年の3名から1名減って2名でした。

 ピークは昨年より下がり20~24点になっています。35点以上の割合は昨年の21.4%から14.6%に7%近くも減少。平均点は26.5点から23.7点に低下しました。

 今年のシルエットレンジは6mと7mのターゲットが見え難くフリーサイト部門でも昨年より難しく感じた方が多かったのではないでしょうか。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)分析

2019年08月19日

第29回APSカップ分析 その10

3.スコア分布

3-2.フリーサイト部門

3-2-2.プレート

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 今年のフリーサイト部門プレートは1名の方が満射でした。

 50点以上の割合は昨年の7.1%から13.4%に増加。20点未満の低得点割合は昨年の12.9%から4.9%に大幅に減少。結果、平均点は昨年の33.2点から36.7点に向上しています。

 オープンサイト部門のプレート平均点は29.3点だったのでフリーサイト部門との差はプレート2枚分に近い7.4点まで拡大しました。プレート競技ではフリーサイトの優位性が明らかな大会だったと思います。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)分析

2019年08月18日

第29回APSカップ分析 その9

3.スコア分布

3-2.フリーサイト部門

3-2-1.ブルズアイ

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 フリーサイト部門ブルズアイ90点以上の割合は昨年の25.7%から39%にアップ。しかし、平均点は昨年の82.5点から81.4点にダウンし、50点未満の割合は昨年の0%から2.4%に増えました。

 35%近くが新規参加者だったフリーサイト部門ですが、ピークが昨年の80点台から90点台に上がっていることもあり高得点者が増えた印象です。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)分析

2019年08月16日

第29回APSカップ分析 その8

3.スコア分布

3-1.オープンサイト部門

3-1-4.トータルスコア

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 オープンサイト部門の平均点は昨年の128.2点から124点と4.2点のダウン。マークスマン以上の割合も昨年の82.5%から73.8%に減少。シャープシューター以上のみ51.5%から52.5%へ微増し、エキスパート以上は17.6%から14.9%に減少しています。

 マスター点以上は昨年より2名増えていて、トップクラスとマスターバッジ点未満の両方が増えている傾向です。

 オープンサイト部門のトップスコアは昨年までの低迷から一転しパーフェクトに近い結果になりました。平均点は昨年より低下しているもののシャープシューター点数域が増えていることを加味すると昨年と同水準であったと思われます。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)分析

2019年08月15日

第29回APSカップ分析 その7

3.スコア分布

3-1.オープンサイト部門

3-1-3.シルエット

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 今年のオープンサイト部門も1名だけシルエット満射の方がいました。

 20点未満の割合が昨年の53.7%から55.4%に若干増加、ピークが15~20点になっていることは変化ありません。

 30点以上の割合は昨年の21.7%から14.8%から減少していることからもオープンサイト部門のシルエットの成績は低下している印象です。  

Posted by MAGI at 00:20Comments(0)分析

2019年08月14日

第29回APSカップ分析 その6

3.スコア分布

3-1.オープンサイト部門

3-1-2.プレート

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 プレート満点の半分30点以上の割合は昨年の58%から51.1%へ減少。ピークは30点台から20点台へと下降傾向になりました。

 今年のオープンサイト部門は優勝したカトウ選手のみプレート満射を達成しています。

 50点以上の高得点者は昨年より1名増えているものの参加者増加によりオープンサイト部門のプレート競技の成績は昨年よりやや低下しているようです。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)分析

2019年08月13日

第29回APSカップ分析 その5

3.スコア分布

 各競技別とトータルについて、各点数範囲の人数分布をグラフで表します。グラフ右側の%は人数割合です。

3-1.オープンサイト部門

3-1-1.ブルズアイ

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 オープンサイト部門ブルズアイ80点以上の割合は昨年の56.7%から減少して53%になりました。90点以上の割合は昨年の28%から31.7%に増加しましたが、満射は昨年の5名から4名に1名減っています。

 50点未満の割合は昨年の6.5%から11.9%に増加。今年のオープンサイト部門は59名の初参加者がいましたが、高得点と低得点の両方が増加してようです。  

Posted by MAGI at 00:18Comments(0)分析

2019年08月12日

第29回APSカップ分析 その4.3

2.スコア推移

2-5.ハンドガンクラス最低スコア推移

 最低点はオープンサイト・フリーサイト両部門ともスコアがアップしています。

 最高点や平均点に較べ最低点の部門差が大きい傾向は変わっていません。今年は両部門の差が僅かに広がりました。  

Posted by MAGI at 00:17Comments(0)分析

2019年08月11日

第29回APSカップ分析 その4.2

2.スコア推移

2-4.ハンドガンクラス平均スコア推移

 平均スコアはオープンサイト部門が減少しフリーサイト部門が微減ですが、数年続く横ばい傾向です。

 オープンサイト部門とフリーサイト部門の差は17点あり昨年より差は拡大したので、オープン・フリーハンデの10点より大きい状態に変わりはありません。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)分析

2019年08月10日

第29回APSカップ分析 その4.1

 第1回から第29回大会までの優勝・平均・最低スコアの推移を折れ線グラフで表しています。ただしXカウントは含みません。最初は優勝スコアから。

2.スコア推移

2-3.ハンドガンクラス優勝スコア推移

 オープンサイト部門の優勝スコアは下降傾向からV字回復し、フリーサイト部門は横ばい傾向が続いています。

 最高点の1~29回平均はオープンサイト部門で179.4点、フリーサイト部門が181.9点です。共に平均を超えた状態をキープしています。特にオープンサイト部門は5年ぶりに記録更新となりました。  

Posted by MAGI at 00:15Comments(0)分析

2019年08月09日

第29回APSカップ分析 その4

2.スコア推移

2-2.フリーサイト部門

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 フリーサイト部門の最高点は昨年と同じ188点でした。

 平均点は0.4点の僅かなダウンで、最低点は3点のアップです。

 最高点、平均点、最低点ともに大きな変化はなかったものの、マスターバッチ該当110点以上の割合は86.6%と昨年の91.5%からは低下となりました。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)分析

2019年08月08日

第29回APSカップ分析 その3

2.スコア推移

 トータルスコアの最低、平均、最高点のグラフで、前年度との違いを見ます。

2-1.オープンサイト部門

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 今年のオープンサイト部門の最高点は昨年より17点と大幅アップの198点です。トップスコアは5年ぶりに195点を超えました。

 最低点はアップしていますが、平均点はダウンとなっています。

 マスターバッチ該当の100点以上の割合は73.8%と昨年の82.5%より大きく減少しました。新規参加者大幅増加によるものでしょう。  

Posted by MAGI at 00:13Comments(0)分析

2019年08月07日

第29回APSカップ分析 その2.1

1.1エントリー銃APS-3の内訳

1.1-2.フリーサイト部門APS-3内訳

 「第27回」 「第28回」

 フリーサイト部門ではAPS-3ORの割合が増えて7割近くまでになっています。OR以外は1桁のエントリーしかない状態です。

 古いLEモデルではLE2011が比較的多いのはオープンサイト部門と同じでした。

 最新のLE2018よりLE2015のエントリーが多い点はオープンサイト部門とは異なります。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)分析

2019年08月06日

第29回APSカップ分析 その2

1.エントリー割合

1-2.フリーサイト部門

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 フリーサイト部門は頑張れKSCです。

 APS-1GMのエントリーは3名増。

 APS-3のエントリーは12名増で、占有率も増加に転じています。

 AP200のエントリーはゼロ。

 GP100のエントリーは1名のみに。

 プリシーダーのエントリーはゼロ。

 マルゼンAPSシリーズ以外のエントリーはGP100が1名のみまで減っていました。多様性が失われるのは良い傾向とは言えないのでAP/GPシリーズが競技で使われるようにKSCには頑張って欲しいと思います。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)分析

2019年08月05日

第29回APSカップ分析 その1.1

1.1 エントリー銃APS-3の内訳

 オープンサイト部門で多くを占めるAPS-3シリーズですが、数種類の限定モデルとオリジナルモデルがありその内訳を調べグラフ化してみました。

1.1-1.オープンサイト部門APS-3内訳

 「第27回」 「第28回」

 ORのエントリー数は増えているものの割合は減少して7割を切りました。そんな中LE2018は大きく割合を増やしています。古いLEではLE2011の割合が比較的多い傾向なのは変わりません。

 昨年はLE2012のみゼロでしたが、今年はAPS-3全種類のエントリーがありました。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)分析

2019年08月04日

第29回APSカップ分析 その1

 ハンドガンクラスのみを対象にした前年度との比較です。グラフ下の過去分析へのリンクをクリックすると新規タブ・ウィンドウに表示します。

1.エントリー銃割合

 円グラフで第28回と第29回のエントリー銃の割合を比較します。なお、AP200にはAP200S/200SB/210/210Sを、GP100にはGP100S/100SB/110/110Sを含み、APS-3とAPS-1GMは限定モデル等も含みます。

1-1.オープンサイト部門

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」 「第28回」

 参加は大幅に増えても割合は大きくは変化しません。

 APS-1GMのエントリーは昨年より倍近く増えて26名に。APS-1GM Mk.II発売効果があったものと思われます。

 APS-3のエントリーは19名増加ですが、占有率はAPS-1GMの増加もあって減少。

 AP200のエントリーは2名増。

 GP100のエントリーは2名減。

 プリシーダーでのエントリーはゼロでした。

 今年もAPS-1GMでのエントリーが増加傾向にありました。そのためAPS-3の割合が9割を超えるに至っていません。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)分析

2019年07月27日

第29回APSカップ分析 その0.1

 第29回APSカップ・ハンドガンクラス参加者の参加回数割合をグラフ化しました。

0.1 参加回数分布

0.1-1.第29回APSカップ・ハンドガンクラス参加者の参加回数分布

 第29回APSカップ・ハンドガンクラスの参加者は参加回数1~3回までの参加者で今回も5割を超えています。昨年新規参加した63名中44名の約7割が継続参加をしてくれました。

 今年は新規参加者が大非常に多かったことがグラフから見てとれます。

 連続参加を続けているレジェンド3名は今年も健在で連続参加記録を更新し続けてくれています。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)分析

2019年07月26日

第29回APSカップ分析 その0

 今年もJASGが早々に公開した競技結果を元にAPSカップ本大会分析シリーズを開始します。最初は参加者推移から。

0.参加者推移

0-1.ハンドガンクラス参加者推移

 1993年の第1回から第29回大会までの参加者数推移を示した棒グラフです。赤がオープンサイト部門、青はフリーサイト部門の参加者数。

 オープンサイト部門は昨年より31名増の202名、フリーサイト部門は12名増の82名でした。今回の新規参加者はオープンサイト部門が59名、フリーサイト部門が28名で合わせて87名もの方が新たにAPSカップへ参加しています。

 エントリーしても様々な事情で欠場した方が、オープンサイト部門で5名、フリーサイト部門で2名いたようです。欠席率2.8%は例年より少ない傾向でした。

 両部門合わせて284名は過去最高の参加者数で、このまま増加が続けば次回には300名の大台を突破しそうな勢いがあります。競技枠を増やすためJASGには競技進行の見直し等の検討を期待したいものです。

 ハンドガンクラスはホビーショップフロンティアの山中社長やマック堺さんの普及活動、コンバットマガジン等の雑誌記事、各地でAPS練習会や体験会が増えていること、公式認定競技銃が通年的に購入可能なことなどが相まって参加者の大幅な増加を生んでいるようです。


0-2.ライフルクラス参加者推移

 ライフルクラスは第1~3回と第10回は開催されていません。グレーはオープンサイト部門、紫がフリーサイト部門の参加者数です。

 今年は両部門合計では前年と参加者数が同じでした。オープンサイト部門は前年より3名増加していますが、フリーサイト部門は3名の減少です。オープンサイト部門の方は僅かながら増加傾向にあるのに対しフリーサイト部門は減少が続いています。

 ライフルクラスとハンドガンクラスの参加者数の差は開く一方です。まずは公式認定競技銃が再販されて新規参加者への門戸を開くことが求めらているのではないでしょうか。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(0)分析

2018年09月16日

第28回APSカップ分析 その22

5.機種別分析

5-2.フリーサイト部門

5-2-4.APS-1GM

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」

 フリーサイト部門のAPS-1GMは昨年よりエントリー数が増えました。

 満射はないものの個々の競技のレベルは高い水準にあります。しかし、トータルやXカウントではAPS-3に及ばない傾向は変わりません。

 以上で第28回APSカップ本大会分析は終了となります。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)分析

2018年09月15日

第28回APSカップ分析 その21

5-2.フリーサイト部門

5-2-3.GP100

「第17回」 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」

 フリーサイト部門のGP100でのエントリーは3年連続でと同じ2名の方でした。

 グラフの形は昨年と異なりますが、トータルは同レベルで大きな変動がありません。  

Posted by MAGI at 00:20Comments(0)分析

2018年09月14日

第28回APSカップ分析 その20

5.機種別分析

5-2.フリーサイト部門

5-2-2.AP200

「第17回」は無し 「第18回」 「第19回」 「第20回」 「第21回」 「第22回」 「第23回」 「第24回」 「第25回」 「第26回」 「第27回」

 昨年は1名だったフリーサイト部門AP200のエントリー、今年は2名に増えました。

 2名のトータルは同じ点数でX差のみの接戦を繰り広げていたようです。Xが少ないこと以外はポテンシャルの高さを感じます。  

Posted by MAGI at 00:19Comments(0)分析