2018年07月30日

第28回APSカップ分析 その0

 今年もJASGが公開した競技結果を元にAPSカップ本大会分析シリーズを開始します。最初は参加者推移から。

0.参加者推移

0-1.ハンドガンクラス参加者推移

 1993年の第1回から第28回大会までの参加者数推移を示した棒グラフです。赤がオープンサイト部門、青はフリーサイト部門の参加者数。

 オープンサイト部門は昨年より12名増の171名、フリーサイト部門は10名増の70名でした。今回の新規参加者はオープンサイト部門が48名、フリーサイト部門が14名で合わせて62名もの方が新たにAPSカップへ参加したようです。
17775252
 エントリーしても様々な事情で欠場した方が、オープンサイト部門で6名、フリーサイト部門で5名いました。欠席率4.4%は例年より少し多くなっています。

 それでも参加者241名は過去3番目の記録で、オープンサイト部門に限ると2年連続で過去最高参加者数を更新中です。

 ハンドガンクラスは各所でのAPS練習会や体験会が増えていること、公式認定競技銃が通年的に購入可能なことなどで新規参加し易い状況への努力が続いています。それらが参加者増加に結びついているのでしょう。


0-2.ライフルクラス参加者推移

 ライフルクラスは第1~3回と第10回は開催されていません。グレーはオープンサイト部門、紫がフリーサイト部門の参加者数です。

 今年は参加者が大幅に減少しました。オープンサイト部門に限ると前年より1名増加していますが、フリーサイト部門は29名もの減少となっています。エントリーは71名でしたが、当日欠場者が3名のため68名の参加です。68名の参加者数はワースト4番目タイの少なさでした。

 ライフルクラスはハンドガンクラスの3分の1にも満たない参加者に留まるなど厳しい状況が続いています。公式認定競技銃の性能と競技内容のバランスの悪さ、気軽に練習できる環境が少ないこと等々改善すべきことは多く現状ではハンドガンクラスのような人気競技になるのは難しいでしょう。



同じカテゴリー(分析)の記事画像
第28回APSカップ分析 その22
第28回APSカップ分析 その21
第28回APSカップ分析 その20
第28回APSカップ分析 その19
第28回APSカップ分析 その17
第28回APSカップ分析 その16
同じカテゴリー(分析)の記事
 第28回APSカップ分析 その22 (2018-09-16 00:19)
 第28回APSカップ分析 その21 (2018-09-15 00:20)
 第28回APSカップ分析 その20 (2018-09-14 00:19)
 第28回APSカップ分析 その19 (2018-09-13 00:18)
 第28回APSカップ分析 その17 (2018-09-05 00:10)
 第28回APSカップ分析 その16 (2018-09-04 00:11)
この記事へのコメント
今年も始まりましたね!
新規参加人数多い様にも思えますが
毎年こんなかんじなのですかね。
遅くなりましたが28期もご苦労様でした(^^)
Posted by 山中 at 2018年07月30日 12:21
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。