2017年12月12日

APS-3トリガー隙間ゲージ追加

 再現性のあるトリガー位置セッティング実現のため10/26に作成したトリガー隙間ゲージ。

 0.5mmと1.0mm厚のポリカ板で、トリガー後部の隙間が0mm・0.5mm・1.0mm・1.5mmの4種類の位置セッティングが可能。

 トリガー位置セッティングを変えながら1ヶ月半程度試した結論は0.5mmと1.0mmの間にベストセッティングが存在するであろうということです。そのためトリガー後部の隙間を0.75mm前後に設定する隙間ゲージが必要になりました。

 厚さ0.75mmか0.25mm前後で、ある程度の強度がある板状の物がないかと探していました。その結果見つかったのが0.3㎜厚のアルミ板です。

 以前ダイソーで購入したもので「虹彩絞り製作 その3」でも使った片面がシールになったアルミ板です。0.5mm厚のポリカ板に貼り0.8mm前後の厚さにします。

 1.0mmと0.5mmのポリカ板の間で光っているのが0.5mmポリカ板と0.3mmアルミ板を貼り合せたトリガー隙間ゲージです。

 それぞれの厚さをデジタルノギスで測ってみました。

 1.0mmポリカ板

 実測値0.98mm。

 0.8mmポリカ板+アルミ板

 実測値0.83mm。

 0.5mmポリカ板

 実測値0.52mm。

 どれもスペックに対し5%未満に収まっていました。そこそこの精度はあると言えるでしょう。新たに作成した0.8mmのトリガー隙間ゲージを使ったトリガー位置セッティングを試します。




同じカテゴリー(調整)の記事画像
自宅練習用APS-3LE2012トリガー位置調整(2017/02/03)
APS-3ORのセッティングをAPS-3LE2012と同じに
APS-3LE2012をAPS-3ORのバックアップに
グリップ調整(2016/04/10)
最近のグリップ周り改善
自宅練習ひたすらAPS縮小ブルズアイ(2015/10/02)
同じカテゴリー(調整)の記事
 自宅練習用APS-3LE2012トリガー位置調整(2017/02/03) (2017-02-06 00:11)
 APS-3ORのセッティングをAPS-3LE2012と同じに (2017-01-13 00:18)
 APS-3LE2012をAPS-3ORのバックアップに (2016-11-10 00:15)
 グリップ調整(2016/04/10) (2016-04-13 00:18)
 最近のグリップ周り改善 (2015-12-11 00:16)
 自宅練習ひたすらAPS縮小ブルズアイ(2015/10/02) (2015-10-05 00:10)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。