2017年10月09日

映画「ドリーム」


 マーキュリー計画において知られざる黒人女性computer(計算手)の貢献を描いた「ドリーム」を観ました。当初はマーキュリー計画の話なのに邦題の「ドリーム 私たちのアポロ計画」はおかしいと批判が出て「ドリーム」のみの邦題に変更されたゴタゴタはあったものの、この映画自体は素晴らしい。

 宇宙飛行士の活躍を描いた「ライトスタッフ」より、差別や偏見と闘いながらマーキュリー計画に貢献していた実在の黒人女性の活躍を描いた本作の方が感動は大きいです。

 音楽も素晴らしく観てよかったと感じるよくできた映画でした。




同じカテゴリー(エンタメ)の記事画像
映画「羊と鋼の森」
映画「恋は雨上がりのように」
映画「OVER DRIVE」
映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」
映画「レディ・プレイヤー1」
映画「パシフィック・リム:アップライジング」
同じカテゴリー(エンタメ)の記事
 映画「羊と鋼の森」 (2018-06-21 00:14)
 映画「恋は雨上がりのように」 (2018-06-06 00:11)
 映画「OVER DRIVE」 (2018-06-05 00:10)
 映画「GODZILLA 決戦機動増殖都市」 (2018-05-25 00:21)
 映画「レディ・プレイヤー1」 (2018-05-10 00:15)
 映画「パシフィック・リム:アップライジング」 (2018-04-24 00:11)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。