2018年07月07日

第28回 公式レギュレーションブック ライフル クラス


 ライフルクラスはハンドガンクラスと共通する部分の修正と競技進行時間の変更です。

1.表紙(R1)
 昨年30分早くなった受付時間が30分遅くなり、終了時間が20分早くなっています。参加者が減少したようです。ハンドガンクラス同様に協力からMJマガジンが消えています。

2.使用BB弾についての規定(R9)
 ハンドガンクラス同様に「金属性素材が含まれるBB弾を競技で使用することを控えていただきますよう、要請します。」の一文が追加されています。

3.一般禁止事項(R9)
 一番下の一行「なお、理由の如何に係わらず、再競技は基本的に行いません。」の上に空行が追加された。項目6.と分けたとも考えられますが、ハンドガンクラスは空行がないので真意は不明です。

4.エントリー後の注意(R10)
 項目2.…故障修理も、競技間の通常の空き時間(ライフルは約30分)…となっていて昨年の約1時間から競技間の時間が短縮された。

5.競技スケジュール(R11)
 昨年の全24ターンから全18ターンに減少。それに伴いライフルクラスの全ての進行時間が昨年と異なります。

6.エントリー手続きから競技終了までの流れ(R12・R13)
 昨年の全選手、エントリー手続きは09:45までに必ず終えてください。だったのが今年は10:00までと15分遅くなっています。
 また、項目6.の試射レンジ使用時間が8:30~10:00が9:00~10:20へ、競技説明開始時間も9:50から10:10へ修正されました。

7.競技ローテーション(R14)
 昨年の計24ターンのから今年は計18ターンになっています。

8.ブルズアイ競技動作5(R18)
 ハンドガンクラス同様にジャッジに対する競技時間の質問は「経過時間」に限定されました。

9.プレート競技動作4(R20)
 前項のブルズアイ競技動作5と同じですが、注釈の形で右側の枠内に加えられた。

10.ライフルクラス ターン表(R32)
 昨年よりROは2名増加ながらRFは33名も減少。トータルで31名の減少となり昨年の全24ターンから18ターンに修正されています。

 ライフルクラスの変更はハンドガンクラスと共通な「金属性素材が含まれるBB弾を使用することを控える要請」と「競技時間2分間におけるジャッジに対する時間の質問が経過時間に限定される」の修正とエントリー減少による競技進行スケジュールの3点でした。ROが19名、RFが52名の計71名のエントリーに留まっています。昨年の本大会で新APSライフルの試作品が展示されましたが、競技銃が入手困難な状況は続いているので参加者減少も仕方がないのでしょう。  

Posted by MAGI at 00:12Comments(0)レギュレーション