2018年07月06日

第28回 公式レギュレーションブック ハンドガン クラス


 今年も恒例のレギュレーションブック内容の前年度との違いについて記しますが、「レギュレーションブック記載内容の補足説明」には重要なことが記載されているので必ず目を通す必要があります。

1.表紙(H1)
 オープンサイト部門・フリーサイト部門の競技説明が共通化され8:40からの1回のみに。ハンドガンクラスの日程時間も8:00~16:50と35分増えています。今年も参加者が増加したということです。残念なことに協力からMJマガジンが消えました。また、昨年までスポーツ振興くじ"toto"のロゴのみだったのが"BiG"も追加されています。

2.グランドマスター保持者(H5)
 昨年の23名から2名増えた25名と記載されていますが、6/30の公式記録会で1名グランドマスター獲得者が出たので最新情報では26名になります。

3.使用BB弾についての規定(H8)
 「金属性素材が含まれるBB弾を競技で使用することを控えていただきますよう、要請します。」の一文が追加されました。会場で使用BB弾の成分分析を簡単にできないので要請という表現になったものと推察します。

4.競技スケジュール(H11)
 開場時間が30分早い8:00になるなど競技スケジュールは変動しています。オープンサイト部門にOEグループが新設されました。OEグループは競技時間が40分とOA~ODより10分短くなっています。それとは逆にFBグループの競技時間が昨年の40分から50分に10分増えています。
 オープンサイト部門の各グループ試射レンジ使用時間は昨年より30分早くなっていますが、フリーサイト部門は10分遅くなりました。

5.ブルズアイ競技動作5(H18)
 ジャッジに対する競技時間の質問は「経過時間」に限定され明確化されました。

6.シルエット競技動作3(H23)・8(H24)
 ブルズアイ競技同様にジャッジに対する競技時間の質問は「経過時間」に限定され明確化されました。

7.APS公式競技会について(H26)
 昨年度の9回から10回に増えています。増えたのはライフルクラスでした。

8.ハンドガンクラス・グランドチャンピオン(H26)
 昨年までは公式競技会で出場者を記名していたが、今年は競技会の日程の都合もあってか記名がなくなった。


補足説明
 今年も「レギュレーションブック記載内容の捕捉説明」が同封されていました。(黄色の紙)昨年版と違う部分のみ記します。

・P-2<<使用BB弾についての規定>>の補足説明
 金属性素材が含まれるBB弾を使用することを控える要請がなされています。

・P-3<<ハンドガンクラス競技スケジュール>>の補足説明
 ハンドガンクラスの「開会式」と「競技説明」は両部門共通で午前中1回のみになりました。

・P-3<<競技ローテーション>>の補足説明
 昨年あった「射撃コートや射撃メガネの類を着用される選手は、この間に準備を完了させてください。また待機中は、やむをえない事情がないかぎり、待機イスから離れないでください。」が削除されています。紙面スペースの都合なのか、問題があっての削除なのかは不明です。

・P-4ブルズアイ競技、ハンドガン・シルエット競技、ライフル・プレート競技における「ジャッジへの時間に関する質問」について
 時間に関する質問は経過時間のみと明確化されました。「経過時間は?」「今何秒ですか?」とかの質問には答えます。「残り時間は?」のような質問はできなくなり、指定時間にコールしてのような依頼もできません。
 メインジャッジの「1分経過」「1分30秒経過」はありますが、不安なら自前のストップウォッチ等を持ち込んで(他の競技者の妨げにならない範疇で)競技中に使用することができます。


APSカップ・アンケート
 今後のAPSカップの方向性に関する設問があります。忘れずに会場で提出しましょう。

 以上、今年はレギュレーション上の変更として、「金属性素材が含まれるBB弾を使用することを控える要請」と「競技時間2分間におけるジャッジに対する時間の質問が経過時間に限定される」ことの2点がありました。  

Posted by MAGI at 00:11Comments(2)レギュレーション