2018年04月09日

自宅練習APS縮小シルエット(2018/03/27・04/03)

 シルエット対策のサイト改良を進めている縮小シルエットです。

 失敗だった「自宅練習用APS-3LE2015フロントサイトピクチャー調整」を見直しLE2011同様に改めたフロントサイトです。

 自宅練習でも効果があると期待します。

 2018/03/27のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(〇)⇒08(〇)
 プ ロ ー ン  10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(×)⇒07(〇)
  15 + 18 = 33点。フロントサイトの見直しは十分効果を感じられましたが、フロントサイトとターゲットのベストな距離が判らない。シルエットだとフリーダム・アートのボールタイプのフラットフェイスシュートリガーでも特に問題は感じません。

 2018/04/03のAPS縮小シルエット

 スタンディング 10(〇)⇒09(〇)⇒08(〇)⇒07(〇)⇒06(〇)
 プ ロ ー ン  10(×)⇒10(〇)⇒09(×)⇒09(×)⇒08(×)
  20 + 6 = 26点。フリーダム・アートのスクエアトリガーシューをカットしたもので撃ち、ダブルハンドのスタンディングはおよそ2ヶ月ぶりの満射ながらシングルハンドの方は高さが合いません。

 前回のフロントサイト周囲にアルミテープを貼り反射光を利用する方法より、今回のフロントサイト自体をアルミテープで囲う方法は確かに効果を感じます。しかし、まだ微妙な見え方なのでアルミテープを重ねる等もっと厚くする必要があるでしょう。  

Posted by MAGI at 00:14Comments(0)自宅練習