2018年01月11日

APS公式記録会ハンドガンクラス(2018/01/07) その2


 年明け7日という例年にない早いタイミングでAPS公式記録会ハンドガンクラスが行われた錦糸町すみだ産業会館から見るスカイツリー。

 この日は過去最高の参加者111名と多かったこともあり受付は長い列に。

 受付ではブルズアイターゲット・パーソナルデータ以外にJASGのチラシも配布されます。

 第28回APSカップ東京本大会前までの公式競技会開催日程の案内です。両面印刷で凝ったチラシでした。

 受付で配布されたブルズアイターゲットセットとパーソナルデータ。ターゲットの10点に貼れる黒丸か青丸のシールは任意で。

 必要事項をターゲットとパーソナルデータに記入してから銃検査を受けます。今回のパーソナルデータには「APS新春初撃ち公式記録会」のタイトルが記載されていました。

 ゴーグル類を着用しパーソナルデータと銃を持ち弾速チェックからの銃検査です。

 私のAPS-3の弾速は67.55m/s???でした。後から自己分析すると、アッパーカバーが何度も戻るコッキングトラブルに気を取られコンプレストレバーの開度が不足していたのではないかと操作ミスが疑われます。

 続いて外観の銃検査。

 スタッフの指示に従いサイズチェックを行い、次いでセフティ、JASG刻印、サイト、保持方法をチェック。競技者パーソナルデータに検印、銃検シールを受け取り各自で銃に貼ります。

 銃検査が終わった方は設置された6台のブルズアイターゲットで試射ができます。

 弾数3発までで、黒丸ターゲット3台と黒丸ターゲット3台に分かれていました。

 ブルズアイレンジ

 このブルズアイを含め全ての競技が3列構成で参加者増に対応しています。

 プレートレンジ

 プレートターゲットはブルズアイやシルエットに較べ見易い印象を受けました。

 シルエットレンジ

 いつも通り若干暗く感じてしまいます。

 各レンジ待機席に設置されていた進行案内。

 赤いマグネットで現在行われている順番が把握できます。人数が多くなったので重要なインフォメーションになっていました。

 この日最も注目を集めたハナ選手。

 自分の身長より高いプレートに挑み6枚ヒットと今回の私と変わらない結果を出していました。成長しても続けてくれると優秀な選手になることでしょう。

 今回は協会が見事なタイムスケジュールを作り、ほぼ予定通りに競技が進行。人員が多いこともあり撤収が早く表彰式・解散まで予定より1時間以上早く終わります。その後、飯田橋での打ち上げに参加し楽しい気分で帰路につき一日が終わりました。  

Posted by MAGI at 00:16Comments(0)練習会