2017年10月05日

第28期の競技銃変更

 9/24のフロンティアAPS平日無料練習会のシルエット練習でAPS-3LE2015を使うのは絶望的だと感じ第28期の競技銃を変更です。

 現状のLE2015弾速

 9/24に行ったAPS-3LE2015のバルブメンテナンス後に平均85m/sであった弾速が1週間後の10/1には平均81.5m/sに低下。

 シルエット競技を考慮すると0.7Jに満たないLE2015を使い続けるのは得策ではないとの結論に達し、第28期の競技銃をLE2015からLE2011へ変更することにしました。

 しかし、現状自宅練習で使っているこの形のままではなく、LE2011のシリンダーアセンブリーにスチールシアーを生かすためLE2015のフレーム等を組み合わせたハイブリッドにします。
 LE2015、LE2011それぞれをシリンダーアセンブリーが交換できるまで分解。

 上がLE2015で下がLE2011です。

 シリンダーアセンブリーを入れ換え。

 上の青いLE2011シリンダーの方はそのまま組み立てますが、下の赤いLE2015シリンダーの方はバルブの交換を行います。

 上が交換前の汚れたバルブ、下が新品バルブです。LE2015シリンダーのバルブがスムーズに動作するよう交換しました。

 シリンダーアセンブリーの交換が終了したLE2011-15HYBRIDとLE2015-11HYBRIDです。

 APS-3はコンプレストレバーにシリアルNo.が入っているのでエントリー上は上がLE2011下がLE2015となります。

 重量を計測するとLE2011の方がLE2015より9g重くなっていました。

 シリンダーアセンブリー交換前は両方882gでした。

 グリップはLE2011の方が8g軽いので、内部パーツの微妙な違いから差が生じたようです。LE2015の方を9g重くする方向で調整を検討します。

 LE2011シリンダーアセンブリー交換前後の弾速

 シリンダーアセンブリー交換前も後もほぼ同じでした。平均0.8Jで安定しています。

 LE2015シリンダーアセンブリー交換前後の弾速

 こちらはバルブ交換を行ったこともあり交換後の弾速が高くなっています。これで安定してくれるといいのですが。今後はこのLE2015を自宅練習用とします。

 データを見ると先月の富士見APS公式練習会の前にやっていれば良かったと後悔先に立たずです。  

Posted by MAGI at 00:10Comments(0)APS競技銃